F1 マーク・ウェバー 「今年もルイス・ハミルトンを倒すのは難しい」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、2020年のF1世界選手権でタイトルの最有力候補はルイス・ハミルトンだと予想する。

すでにメルセデスはすでにバルセロナで行われたF1プレシーズンテストで最速タイム、最多周回数を達成し、ダブルタイトル7連覇にむけて好調さを示した。。

6日間のバルセロナテストで最速タイムを記録したのはバルテリ・ボッタスだったが、マーク・ウェバーはルイス・ハミルトンが今年ミハエル・シューマッハの記録的な7回のF1ワールドチャンピオンという記録に並ぶことに賭けている。

昨年、レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペンが3勝を挙げて今年はタイトルに挑戦できると考えられているが、マーク・ウェバーは、メルセデス/ルイス・ハミルトンのパッケージを打ち破るのはライバルにとって難問題だと語る。

「ルイスがいるし、ライバルにとって実戦でメルセデスに立ち向かうはあまりにも厳しいと思う」とマーク・ウェバーは Sydney Morning Herald に語った。

「フェラーリがフロントローに並ぶのを楽しみにしている。昨年の彼らは予選で非常に良かったのですが、予選にはポイントは与えられない。レースをまとめる必要がある」

「そこがメルセデスの強みだ。戦略的に強く、ルイスもいる。それがすべてだ。彼らはただゆっくりとライバルを追い払っていくだろう」

ルイス・ハミルトンのチームメイトであるヴァルテリ・ボッタスは、F1のメガスターを倒したいという野心家だ。ボッタスはハミルトンと同じ装備を与えられるだろうが、マーク・ウェバーはボッタスがハミルトンと倒せるとは考えていない。

「バルテリにに何の反感も持っていないが、ハミルトンは過去70年間のF1で偉大なドライバーの一人だ。彼は誰にとっても頭痛の種だ。彼の隣に座って落ち着いていられる者などいないだろう」とマーク・ウェバーはコメント。

「ルイスは誰にとっても途轍もない挑戦だ。バルテリは彼にやれることをやっているが、ハミルトンはライバルにとって強敵だ」

「彼はまだハングリーで粘り強く、自分自身をさらに高めようとしている。彼が持っている並外れた資質でありで、それを見るのが素晴らしいことだ」

F1で13シーズンを経験し、35歳となったルイス・ハミルトンだが、まだ衰える兆しを見せていない。スキルをとっても、モチベーションをとっても、今が絶頂期であると言える。

「彼のキャリアの途中で、少数の人々は、それほど長いキャリアにはならないかもしれないと心配していた人も少なからずいたと思う」とマーク・ウェバーは語る。

「だが、その後、彼はそれを本当に調子を取り戻した。ニキ・ラウダとトト・ウルフの保護下にあったおかげかもしれない。それが大きな影響を与えると想像していた」

「彼は父親と関係も良くなっている。それは素晴らしいことだ。月曜日から金曜日まで彼の人生と安定しており、それが彼のパフォーマンスの反映されている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マーク・ウェバー / ルイス・ハミルトン / メルセデス