ヴァージン マクラーレン
ヴァージンは、マクラーレンとの技術提携を発表した。

ヴァージン・レーシングは、6月にテクニカルディレクターを務めていたニック・ワースを解雇。技術的な方向転換を目指していた。

今回の契約の一部として、ヴァージン・レーシングは、マクラーレンの風洞、テスト・リグ、シミュレーター、コンピュター技術といった施設を使用することができ、さらにマクラーレンからヴァージン・レーシングにスタッフも派遣される。

またヴァージン・レーシングは、マクラーレンとの提携だけでなく、今後の技術的な拠点としてワース・レーシング・テクノロジー社とバンブリーにある同社の施設を購入したことも発表した。

ヴァージン・レーシングのアンディ・ウェブCEOは「2011年前半にチームの詳細をレビューした際、将来に対する我々の大胆な野心には、彼らが成し遂げてきたのと同じくらい大胆なステップが必要なのは明らかだった」と述べた。

「比較的短い時間で我々がこのような2つの非常に重要な発表ができる素晴らしいポジションにいられることを嬉しく思っている。これにより、我々は即座に劇的な前進を果たすことができるだろう」

「マクラーレンとの技術パートナシップは、非常に刺激的だ。マクラーレンはグランプリ・レーシングの歴史のなかで長年にわたり羨ましいほどの成功を記録してきた最も権威があり、成功を収めてきたチームのひとつだ」

「我々はマクラーレンの広範囲にわたる技術と能力から大きな利益を得ることができ、このパートナーシップは大きな前進を果たすために必要な技術的なステップを与えてくれると確信している」

「さらにWRT F1ビジネスの買収により、新しい技術パートナーとの作業で実務的な考慮に煩わされることなく速やかに移行でき、この時期の技術基盤の連続性を確実にすることができる」

「3つの中心拠点によるオペレーションは、我々の形成年月において十分に貢献してくれたが、今後の我々の野心は、1つ屋根の下でチームが一緒になって最大限の力を発揮することだ」

マクラーレンのチーム代表マーティン・ウィットマーシュはヴァージン・レーシングとの契約について「この技術パートナーシップにより、マルシャ・ヴァージン・レーシングは、マクラーレンの風洞、シミュレーター、リグ、フィットネスなどの多くのプログラムにアクセスできるようになる」と説明。

「それらは最高水準の技術であり、我々はマルシャ・ヴァージン・レーシングがそれらから大きな利益を得られると確信している」

「我々がこの契約に合意するまでの期間、アンディや彼のチームとの取引における経験は非常にポジティブなものだったし、彼と彼の同僚は今後数カ月、数年で彼らのマシンの競争力を引きあげるための開発について非常に真剣であると評価している」

マクラーレンは、すでにフォース・インディアとも同様の技術提携を行っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴァージン | マクラーレン