F1 ピエール・ガスリー
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ピエール・ガスリーが2019年にレッドブル・ホンダのシートを失っても驚くことはないと語る。

ピエール・ガスリーは、ルノーに移籍したダニエル・リカルドの後任として今年からレッドブル・ホンダに移籍。しかし、プレシーズンテストで2度のクラッシュを喫するなど、開幕2戦で評価を大きく下げている。

「クルマを快適に感じることができていない」とピエール・ガスリーはコメント。

「僕のドライビングスタイルに合っていた去年のトロロッソに比べて、適応しなければならない。現時点ではちょっとパッセンジャーのようだ。

現時点では、レッドブルのF1チーム代表クリスチャン・ホーナーはピエール・ガスリーの厳しいスタートを擁護しているが、冷酷なことで有名なピエール・ガスリーは、冬季テストでのガスリーのクラッシュによってチームが妥協を強いられることになったと非難している。

ジャック・ヴィルヌーヴは、ピエール・ガスリーがこのまま奮闘を続けて行けば、ヘルムート・マルコが大鉈を振るうことになるだろうと語る。

「ガウリーがこのままの状態を続けることになれば、トロロッソに戻ることになっても驚きではない」とジャック・ヴィルヌーヴは Ay Italia にコメント。

「過去に多くの若手が小規模チームからより良いチームへと移行するのに苦労していた。人々はそれを過小評価している」

「F2からF1に進むドライバーと比較できると思う。他よりも簡単に適応できるドライバーもある」

「今年、ガスリーはマルコとあまりうまくいかないだろう。彼が5分後に考えを変えることを我々はわかっている」

2016年、当時レッドブルで走っていたダニール・クビアトは、第5戦スペインGPでトロロッソに降格させられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジャック・ヴィルヌーヴ | ピエール・ガスリー