F1 ロバート・クビサ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーブは、ロバート・クビサのF1復帰は“F1にとって正しいメッセージ”ではないと苦言を呈した。

2011年のラリー事故で重傷を負ってF1から遠ざかっていたロバート・クビサだが、今年ウィリアムズで8年ぶりにF1レースに復帰。しかし、予選ではクラッシュを喫して最下位、決勝でもチームメイトのルーキー、ジョージ・ラッセルに周回遅れての最下位でレースを終えた。

多くの人はロバート・クビサのF1復帰を素晴らしいストーリーだと捉えており、ジャック・ヴィルヌーブもそれが偉大な功績であることを認めているが、競技という点ではF1にとって相応しくないメッセージだと語る。

「もちろん、クビサが非常に長い年月を経て復帰したことは素晴らしいい偉業だ。本当に信じられないことだ」とジャック・ヴィルヌーヴは Formule1 にコメント。

「だが、私は酷いことだと思っている。これはスポーツにとって良いことではない。F1はレースの頂点でなければならない。キングクラスだ」

「そういった意味で、障害を抱えた者が参加できてしまうことはスポーツにとって良いことではないと思う。F1はヘビーなものでなければならず、難しく、ほぼ手が届かない存在でなければならない」

「ロバート・クビサの復帰は正しいメッセージではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジャック・ヴィルヌーヴ | ロバート・クビサ