F1 セバスチャン・ベッテル シャルル・ルクレール
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、シャルル・ルクレールのフェラーリ昇格は時期尚早であり、フェラーリはセバスチャン・ベッテルのチームメイトとしてキミ・ライコネンを選ぶべきだと主張する。

キミ・ライコネンのフェラーリとの契約は1年契約となっており、まだ来季の契約を確保できていない。その一方でフェラーリの育成ドライバーであるシャルル・ルクレールはザウバーで目覚ましい活躍をみせている。

急逝したフェラーリの前会長セルジオ・マルキオンネは、2019年のルクレールの昇格を推進していたとされているが、彼の死により、フェラーリは、経験豊富なキミ・ライコネンをセバスチャン・ベッテルのチームメイトとして継続するという戦略に切り替えたと言われており、すでにライコネンに2年契約を提示したと報じられている。

キミ・ライコネンは、フェラーリでさらなるキャリアを過ごすことに値するかと質問されたジャック・ヴィルヌーヴは「もちろん! 彼がいかに良いパフォーマンスを発揮しているかを見た方がいい」とF1のポッドキャスト Beyond the Gri で語った。

「彼はチャンピオンシップで3位だし、ベッテルよりも速さを見せることもしばしばだ。彼はコンマ1秒も遅れていないし、クルマの開発においては最も重要だ。現在、チーム全体がとてもうまく回っている」

「ベッテルの隣に若い子を置いたら、ベッテルは何をする? 彼は食い物にしようとするだろうし、若い子を潰したり、酷い結末を迎えることになるだろう。そして、チームは2年以内に遅くなるだろう」

ジャック・ヴィルヌーヴは、シャルル・ルクレールが将来どこかの時点でフェラーリのドライバーを務めることになるのは間違いないだろうが、今はまだ身繕いをする必要があると語る。

「シャルルはまだいくつかミスを犯している。シャルルにとっては素晴らしいことかもしれないが、フェラーリは彼をあと2年準備させるだろう。フェラーリはメルセデスと同じく、ドライバーを準備させるためのチームではない」

「トップチームであり、トップチームは、ドライバーがベストを尽くし、彼らがドライバーを望むときに給料を支払うものだ。ドライバーを準備させるためのジュニアチームを抱えているのはそれが理由だ」

レーシングドライバーは、子供を設ければスピードを失うとのジンクスがあるが、キミ・ライコネンは実際にはその逆だとジャック・ヴィルヌーヴは語る。

「キミはかなり饒舌になっているし、いろいろことを発信するようになっており、それらは筋が通っている。今は過去よりも彼がどんな人物であるかわかるようになったと思う。それに彼はそのなかでベストなドライビングをしている」

「子供が生まれれば、子供一人につき1秒失うと言う者がいるが、キミを見ていると、子供がいた方が速くなってるし、いい仕事をしているように思う」

「彼の人生にポジティブな理由を与えたのかもしれない。より良くなり、示すためのね・・・私にはわからないが、それがいい効果を生んでいるように思う」

「心理的にどんな影響はあるかはわからないし、ポジティブな結果が出るのはあまり起こりそうもないことだ。だが、どうなるかは決してわからないものだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジャック・ヴィルヌーヴ | フェラーリ