セバスチャン・ベッテル、アストンマーティンF1加入の期日が迫る?
セバスチャン・ベッテルが、2021年にアストンマーティンF1に加入するどうかを決断する日が迫ってきているようだ。

Auto Buld は、現在、レーシング・ポイントのドライバーを務めるセルジオ・ペレスの終了条項が期限は7月31日だと改めて報道。交代要員がペレスであれば、それまでにレーシング・ポイントがオプションを行使しない場合、セバスチャン・ベッテルのシートはなくなる可能性がある。

7月31日はF1イギリスGPのフリー走行がシルバーストンでスタートする日だ。

「我々の情報によると、ベッテルは同意すればいいだけだ。彼にはシートがある」と同紙は報道。

最近、アストンマーティンの株式を取得したメルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、セバスチャン・ベッテルにアストンマーティンF1とサインするよう勧めている。

「セバスチャンは、4回のワールドチャンピオンであり、多くのスピードと技術的な経験を持っている。それに彼はアストンマーティンにとって重要なマーケティングツールになるだろう」とトト・ヴォルフは語った。

しかし、元F1ドライバーのニック・ハイドフェルドは、セバスチャン・ベッテルが“非常に難しい決断”に直面していると考えている。

「当初、彼はトップチームでしか続けたくないと言っていたが、今では“良いパッケージ”を望んでいるに代わっている」とニック・ハイドフェルドは Sky Deutschland に語った。

「それは、彼が間違いなくF1にとどまりたいというドアを開いたことを意味する」

「現在のフェラーリのパフォーマンスを見れば、アストンマーティンは改善していると言える」

「彼には中期的な良いオプションがあると思う。メルエデスエンジンもうまくフィットするだろうし、セバスチャンはチームにとって大きな助けになる」

「セバスチャンの経験があれば、真剣な野心を持っているチームに間違いなく影響を与えることができるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / レーシングポイント / アストンマーティン