セバスチャン・ベッテル「シャルル・ルクレールの活躍は驚きではない」
セバスチャン・ベッテルは、フェラーリのチームメイトであるシャルル・ルクレールのパフォーマンスにはチーム内の誰も驚いてはいないとし、二人はF1タイトル候補に返り咲くためには理想的なコンビだと語る。

2015年にフェラーリに加入して以来、フェラーリの15勝のうち13勝を挙げているセバスチャン・ベッテルは、フェラーリのタイトル奪還のための重要な一員とみなされてきた。

しかし、今年ここまでの2勝は両方ともシャルル・ルクレールが挙げており、セバスチャン・ベッテルはルクレールと比較して苦しんでいる。

セバスチャン・ベッテルは、シャルル・ルクレールは今年F1で2年目ではあるが、今シーズンのパフォーマンスはチームの期待を満たすものだと語る。

「彼が外部の人々を驚かせたのはポジティブなことだと思うけど、彼はしばらくフェラーリ ドライバーアカデミーにいた。彼が多くのポテンシャルを持っているのは明らかだったし、アルファロメオで非常に強力なルーキーシーズンを過ごしていたので、彼がすぐにペースを発揮したのは良いことだと思う」

「チームの観点では僕たちが敵対するのではなく、協力して仕事をすることが重要だと思う。うまくいっているように思うし、それが重要だ。そうでなければ、エネルギーの無駄になる。それが鍵だ」

「ベルギーはアンドワーヌの死が影を落としたけど、彼にとって重要な週末だった」

セバスチャン・ベッテルは、今シーズンにシャルル・ルクレールがフェラーリに加入するまでキミ・ライコネンと良好なパートナーを組んできた。

だが、シャルル・ルクレールとのパートナーも定期的なフロントランナーとしてチームを回復させており、ポジティブなものだと感じていると語る。

「クルマは僕たちが望んでいる位置には来ていないし、僕たちはチームをプッシュするために協力しようとしている」とセバスチャン・ベッテルは語る。

「僕たちにはすべてのレースで勝てるクルマや実力がないし、それが目標だ。僕たち二人が正しい方向にプッシュすれば、二人にとって役に立つ。いつかそのようなクルマを手に入れて、戦うことができると信じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ / シャルル・ルクレール