F1 ファン・パブロ・モントーヤ「ベッテルの問題はメンタルではなく技術面」
元F1ドライバーのファン・パブロ・モントーヤは、他の多くとは異なり、セバスチャン・ベッテルの不振の原因はメンタルではなく技術面だと考えており、今季のフェラーリのマシンが合っていない、もしくはタイヤをうまく管理することができていないからだと見ている。

4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは1年以上勝ち星から見放されている。

その一方でチームメイトのシャルル・ルクレールは夏休み後に2連勝を果たし、ドライバーズ選手権でベッテルを抜いて4位に浮上した。

セバスチャン・ベッテルの不振については、フェラーリの“ナンバー1”ドライバーとしてのプレッシャーが多く報じられているが、ファン・パブロ・モントーヤは異なる見方をしている。

「彼はマシンや今年のタイヤを気に入っていないんだと思う。ルクレールの方がうまく適応できている。ベッテルはチームメイトと同じような速さで走ることに苦労しているに違いない」とファン・パブロ・モントーヤは語る。

「マシンに満足していないときにプッシュすればミスが発生する。それはメンタル的なことではないと思う。技術的が部分が大きい」

セバスチャン・ベッテルは、フェラーリとの契約があと1年残っていますが、最近の不振によって、契約期間終了する前にチームを去るかもしれないという憶測を引き起こしている。

ファン・パブロ・モントーヤは、セバスチャン・ベッテルはより懸命に仕事をして、決勝日へのアプローチを変える必要があると提案する。

「彼はチームとの仕事に戻り、今まで以上に一生懸命に働かなければならない。唯一の方法は、彼が今していることとは異なる何かをして、もっと懸命に働くことだ。今の状況は彼にとってうまくいっていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / フェラーリ