マックス・フェルスタッペン 「後半戦のメルセデスF1の躍進に期待」
レッドブル・レーシングのF1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンは、夏休み後もメルセデスF1チームが改善されたパフォーマンスを維持できれば「とてもハッピーだ」と語る。

マックス・フェルスタッペンは、F1ハンガリーGPで2022年の8勝目を挙げ、ドライバーズチャンピオンシップでシャルル・ルクレールに80ポイント差をつけた。ルクレールはフェラーリの戦略ミスによって6位でレースを終えた。

メルセデスF1チームは、シーズン序盤戦で深刻な影響を与えたポーパシング問題の中でW13を手なずけるのに苦労したため、フェラーリはレッドブルの最も近いライバルだった。

しかし、メルセデスF1チームのルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルは、最近のレースで反撃を見せており、二人はフランスとハンガリーの2戦連続で2位と3位でフィニッシュし、ダブル表彰台を獲得した。

メルセデスは現在、コンストラクターズチャンピオンシップでフェラーリの334 ポイントにわずか30ポイント差まで迫っており、レッドブル431ポイントでフェラーリを90ポイント上回っている。

マックス・フェルスタッペンは、2013年以来初めて2倍のチャンピオンシップを確保しようとしているレッドブル・レ^シングにとって、メルセデスのパフォーマンスの向上は助けになると考えている。

「彼ら(メルセデス)が競争力を持っているのは良いことだ。なぜなら彼らはフェラーリからより多くのポイントを奪うことができるからね。彼らがうまくやっていることにとても満足している」とマックス・フェルスタッペンはRacingNews365に語った。

メルセデスF1は、2022年に車に苦しんだが、依然としてすべてのレースでポイントを獲得している唯一のチームであり、レッドブルの12とフェラーリの8と比較して、9つの異なるグランプリで少なくとも1回の表彰台を獲得している。

メルセデスW13 は、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスが運転するレッドブルRB18 や、シャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.が運転するF1-75 の完全なペースにはまだ欠けているが、メルセデスは運用面でより洗練されており、防弾の信頼性も享受している。これはフェラーリにはないものだ。

マックス・フェルスタッペン F1 レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / メルセデス