マックス・フェルスタッペンのダメージの原因はアルファタウリのデブリ / レッドブル・レーシング F1イギリスGP 決勝
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)がF1イギリスグランプリで勝利する可能性を犠牲にしたダメージは、ジュニアチームであるスクーデリア・アルファタウリの同士討ちによるデブルによって引き起こされた。

角田裕毅とピエール・ガスリーが7位のポジションを争っていた10周目に衝突し、マックス・フェルスタッペンが直後にヒットしたデブリをコース上に残した。当初、フェルスタッペンは、ピットに入ったにタイヤがパンクしたと考えていた。

「パンクはなかった」とレッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは説明した。

「とてもひどいものだったで、それをパンクのように感じた」

「基本的に11周目に彼はアルファタウリのインシデントによるパーツのデブリにヒットした。アルファタウリのエンドプレートの一部が車の底の引っかって変形したフロアで彼はレースを終えた」

損傷はマックス・フェルスタッペンの車に「ダウンフォースの大規模な損失」を引き起こしたとクリスチャン・ホーナーは語った。

「もちろん、それを引き起こしているものを特定できるか次第となる。そして、もちろん、それは下にあったので、明白なことは何もなかった。フロアの半分がぶら下がっているようなものではなかった」

「したがって、最初はそれを実際に理解するのが困難だった。それがマックスがパンクを報告した理由だが、それは実際に行われたメジャーアップデートだった」

マックス・フェルスタッペンのレースは、ダメージを受けるまで「順調に進んでいた」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼は確実にカルロスよりも速かったし、あまりにもタイヤを使いたくなかったので、少しずつ後ろに近づいて追い抜いた」

「その後、残念ながら文字通り1周後に、彼はデブリにヒットした。それで彼はパンクだと報告した、だが、我々はそれをデータで確認することができなかった。しかし、もちろん、ドライバーを信頼しなければならなかった」

「それで予防的にピットインしたところ、いくつかのデブルがあることがわかった。実際、カルロス・サインツは、彼がフォローしているときに、マックスの車の底から何かが出ていると言ったと思う」

ホーナーは、セーフティカーの期間中に新しいタイヤに交換した後、7位をを守ったレース終盤のマックス・フェルスタッペンの努力を賞賛した。

「ミディアムタイヤで彼は可能な限り激しく戦っていたが、突然レースはあなたが競争している車に非常に集中するようになった。その段階ではよりアルピーヌとアストンだった」

「それが7位でフィニッシュするベストな方法だと感じたので、レースを走り切るためにピットインしてハードタイヤに交換した。彼は特に負傷した車でタイヤのより硬いコンパウンドにさらに苦労したと思う」

「セーフティカーに入ったとき、我々に失うものは何もなかった。ポイント圏外で終えるか、ソフトセットを装着して何ができるか見てみるかのどちらかだった。実際に彼は数台の車をパスすることができた。そこから7位を維持するためにかなりハードに戦った。貴重な6ポイントだった」

イギリスグランプリ関連:ピエール・ガスリー 「角田裕毅との不必要な接触でリアウイングを破損」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1イギリスGP / アルファタウリ