レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「2回目のDNFでタイトルは終わったと思った」
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)、第3戦オーストラリアグランプリで2度目のリタイアを喫した後、2022年にF1タイトルを獲得するチャンスは「なくなった」と考えていた。今では21ポイントのリードを築いて首位に立っている。

レッドブル・レーシングは、開幕戦バーレーンでダブリリタイア。第3戦でもマックス・フェルスタッペンがリタイアを喫して、その時点で完走率は50%と2022年のF1世界選手権は悲惨なスタートとなった。

第2戦サウジアラビアでは、マックス・フェルスタッペンが優勝し、チーム代表のクリスチャン・ホーナー「遅い車を速くするよりも速い車を修理するだけだ」と言ったとき、希望がちらりと見えた。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、ランキングではあまり希望がなかったと感じていた。そして、2回目のリタイアを喫した時点で、マックス・フェルスタッペンは首位のシャルル・ルクレールに46ポイント差をつけられ、トップ5にも入っていなかった。

だが、メルボルンの失望後、レッドブル・レーシングの運命は好転し、5レースで4勝を挙げたマックス・フェルスタッペンは、ランキング首位に浮上。2位につけたチームメイトのセルジオ・ペレスに21ポイント差をつけている。

「シーズンのスタートではレースを終えることができなかったし、分からないものだ」とマックス・フェルスタッペンはTalking Bullで説明した。

「実際には良い車を持っているかもしれないし、もしかしたら持っていないかもしれないという感じだった」

「その後、僕たちは競争力のある車を持っているように見えたので、チャンピオンシップのために戦うことができたけど、2回リタイアを喫した後、46ポイントの差がついていた」

「『今年のタイトルバトルは終わった。今年は実現しない』という感じだったし、少なくとも追いつくのに非常に長い時間がかかるだろうと思っていた。でも、基本的には3レースでチームとして好転させ、今では僕たち二人がそこにいる」

「それにはかなり満足しているけど、もちろん、本当にすぐに変わる可能性があることも知っているので、僕たちは即座に対応できるようにいつも構えていなければならない」

「2回はあまりに多すぎるので、もうリタイアしないことに本当に集中する必要がある」

「これまでの最初の数レースは、少し忙しくてクレイジーだった」

マックス・フェルスタッペンは、シャルル・レクレールがリタイアしたスペインでランキング首位に立ち、6ポイントのアドバンテージを獲得した。

モナコの後、その差は9ポイントとなり、バクーでのシャルル・ルクレールのシーズン2回目のリタイアによって、マックス・フェルスタッペンのチームメイトのセルジオ・ペレスを2位に浮上し、シャルル・ルクレールが3位に下がった。

しかし、マックス・フェルスタッペンはタイトルまだ長い道のりがあることを認識している。

「もちろんチームとして、昨年の近づいたコンストラクターズに勝ちたいと思っている」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「チーム全体がそれに値するので、今年はそれができることを願っている。今年はそれをうまくやっていくつもりだ」

「そして、個人的には、もう一度ドライバーズタイトルを獲得することを目指している」

「僕たちは良い車を持っている。もちろん、現時点ではフェラーリとの非常に緊密な戦いであり、違いを生むためには細部が重要になってくる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル