マックス・フェルスタッペン、レッドブルF1との新契約でミハエル・シューマッハ超えへ
マックス・フェルスタッペンとレッドブル・レーシングとの新しい契約は、ミハエル・シューマッハが保持している記録を破る方向に向かっている。それはルイス・ハミルトンもまもなく破る予定だ。

マックス・フェルスタッペンは、新しい契約によってF1ワールドチャンピオンを獲得したレッドブル・レーシングに少なくとも2028年まで残留することになった。

2014年にジュニアドライバーとしてレッドブル・ファミリーに加わったマックス・フェルスタッペンは、この契約延長により、チームとの関係は最大14年になる。

マックス・フェルスタッペンは、F3でわずか1年間戦った後、2015年にトロロッソでF1デビューを果たし、次のシーズンの途中にレッドブル・レーシングに昇格し、バルセロナでの初レースで勝利を挙げた。

マックス・フェルスタッペンのレッドブル・レーシングとの新しい契約が2028年に終了するとき、F1の歴史の中で1つのチームでのシーズンとレースを完了した最多のドライバーとなる。これにより、ミハエル・シューマッハが保持している現在の記録がは破られる。

ミハエル・シューマッハは、1996年から2006年の間にフェラーリのF1ドライバーとして11シーズンを過ごし、スクーデリア・フェラーリで181レースに出場した。

今のところ、その記録は残っているが、ルイス・ハミルトンはその両方を破ることにこれまで以上に近づいている。

現在、ルイス・ハミルトンは、メルセデスのF1ドライバーとして10シーズン目を迎えており、今シーズンのF1エミリア・ロマーニャGPでシューマッハの181レースの合計を上回る。

しかし、ルイス・ハミルトンがメルセデスF1との12回目のキャンペーンを開始するには、2024年まで待たなければならない。現在のメルセデスF1の契約は2023年末までとなっている。

1つのチームで最も多くのレースに出場したドライバー
1.ミハエル・シュマッハ - フェラーリ(11年/181戦)
2.ルイス・ハミルトン - メルセデス(9年/178戦)
3.キミ・ライコネン - フェラーリ(8年/152
4.デビッド・クルサード - マクラーレン(9年/150戦)
5.フェリペ・マッサ - フェラーリ(9年/140戦)

現在のレース数から変わらず、F1が23戦のレースカランダーを維持していった場合、マックス・フェルスタッペンはレッドブル・レーシングで13年と256レースをスタートして2028年シーズンを終了する。

トロロッソでの23レースのスタートを追加すれば、マックス・フェルスタッペンは279レースで史上8位になる。

しかし、マックス・フェルスタッペンは2028年の時点でわずか30歳であり、F1ドライバーとしてさらに成長する可能性がある。そして、ミハエル・シューマッハとルイス・ハミルトンは二人とも20代よりも30代の間に多くのF1タイトルを獲得したという歴史がある。

F1最多出走ドライバー
1.キミ・ライコネン - 353
2.フェルナンド・アロンソ - 336
3.ルーベンス・バリチェロ - 326
4.ミハエル・シューマッハ - 306
5.ジェンソン・バトン - 306
6.ルイス・ハミルトン - 288
7.セバスチャン・ベッテル - 279
8.フェリペ・マッサ - 269
9.リカルド・パトレーゼ - 256
10.ヤルノ・トゥルーリ - 252

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ミハエル・シューマッハ