F1王者マックス・フェルスタッペン 「適切なタイミングで運に恵まれた」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、激動の2021年シーズンでF1ワールドチャンピオンを獲得できたのは、適切なタイミングで運に恵まれたからだと認める。

マックス・フェルスタッペンは、2021年シーズンの大部分でドライバーズ選手権をリードしていたが、夏の間に3つのインシデントに見舞われることがなければ、さらに多くのポイントを獲得できたはずだった。

F1アゼルバイジャンGPではトップを走行して勝利は確実に見えていた際にパンクに見舞われてクラッシュリタイア。F1イギリスGPではルイス・ハミルトンとの接触でウォールにクラッシュし、F1ハンガリーGPでは、バルテリ・ボッタスの1コーナーでのインシデントに巻き込まれた。

だが、そのすべての見返りは、ニコラス・ラティフィの事故でセーフティカーが導入されたF1アブダビGPでもたらされた。ファイナルラップでレースが再開された際に重要となった新品のソフトタイヤに交換する機会をマックス・フェルスタッペンに与えた。

マックス・フェルスタッペンは、F1アブダビGPでは運にすべてを救われたと認め、レース後半のセーフティカーがルイス・ハミルトンを倒すという希望を復活させたと語る。

「正しい言葉を使うのはいつも難しいけど、人生には少し運が必要だ。それまではシーズン中はあまり運がなかったと思う。そうでなければ、チャンピオンシップははるかに早く決定されていたと思う」とSky Sportsとのインタビューでマックス・フェルスタッペンは語った。

「私にとって適切なタイミングで運が巡ってきた。もちろん、その機会をものにする必要があるし、それがチームとして僕たちがやったことだ」

マックス・フェルスタッペンは、セーフティカーがなければ、タイトル獲得のチャンスはほぼ終わったことを分かっていたが、チェッカーフラッグが振られるまで諦めていなかったと語る。

「とても厳しい状況だった」とマックス・フェルスタッペンは付け加えた。

「もちろん、彼ら(メルセデス)の方が速いことは分かっていた。僕たちはチームとしてすべてを試したと思う。それからは自分自身に『とにかく、ここでできることはすべてやって、限界までドライブし、すべてを与えよう。彼らに簡単に見させないようにしよう』と言い聞かせていた」

「僕たちはタイヤを交換した。後から考えれば、もし彼らがタイヤを交換していたら、僕はステイアウトしていただろう。そうなれば、逆のシナリオがあった」

また、マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダが一致団結してメルセデスへの挑戦を維持できるマシンを提供するために年間を通じてステップアップを果たしてきたと称賛する。

「チームは常に完璧を目指しなければならなかった」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「それはみんなに大きなプレッシャーとストレスをもたらした。以前のシーズンは表彰台に立ってもそれほど疲れていなかった。メルセデスは僕から離れすぎていて、かなり快適に3位になれるような状況だったし、プッシュする必要がなかったからね。だから、かなり激しいシーズンだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1