優勝のマックス・フェルスタッペン 「アグレッシブなタイヤ戦略に確信を持てていなかった」 レッドブル・ホンダ F1アメリカGP 決勝
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1アメリカGPでチームが採った“アグレッシブ”な戦略が、ライバルであるルイス・ハミルトン(メルセデス)を倒すのに十分であるかどうか確信が持てなかったと認める。

ルイス・ハミルトンはスタートでマックス・フェルスタッペンからリードを奪ったが、レッドブル・ホンダが1回目のピットストップを早めてアンダーカットを成功させ、フェルスタッペンはトラックポジションを取り戻すことができた。

レッドブル・ホンダは2回目のタイヤ交換でも再びフェルスタッペンを早い段階でピットインすることを決定。一方、メルセデスはより新しいタイヤによってルイス・ハミルトンが最終ラップでライバルを捕まえて追い抜くことができることを期待してより長く走ることを決定した。

だが、マックス・フェルスタッペンは印象的な走りを維持し、シーズン8勝目を挙げ、残り5戦でルイス・ハミルトンに対するチャンピオンシップのリードを12ポイントに拡大した。

「もちろん、スタートで負けたので、何か他のことをしようとしなければならなかった」とマックス・フェルスタッペンはレース後のパルクフェルメで語った。

「でも、このトラックではタイヤの摩耗がかなり大きいので、アグレッシブな戦略だった」

「それがうまくいくかどうかは分からなかった。でも、最後の数周は楽しかった。高速コーナーを少し膨らんだけど、持ちこたえることができてとてもハッピーだ」

マックス・フェルスタッペンは、最終的にルイス・ハミルトンからわずか1.333秒差で逃げ切ってラインを越えた。ルイス・ハミルトンは最後のスティントでの8秒差を縮めた。

「とても厳しいレースだった」とルイス・ハミルトンは語った。

「良いスタートを切って、すべてを出し切ったけど、結局のところ、彼らは今週末にとにかく優位に立っていた」

「これ以上の結果を求めることはできなかった。週末を通して素晴らしいピットストップと素晴らしいハードワークをしてくれたチームに心から感謝します。」

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーも、マックス・フェルスタッペンが勝利を維持できる確認はなかったと認める。

「彼が持ちこたえてくれるかはあまり確信が持てなかった」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「ルイスは8周新しいタイヤで、最初のハードセットで速かった。我々はほとんどキャンバスになりかけていたし、最後にはあまり残っていないだろうと思っていた」

「ルイスはレースの最後にとても強く、長く走ったことで、アドバンテージを稼いでいた」

「最後の数周でレースに負けていたら本当に辛かっただろう。とにかくマックスは持ちこたえた。彼は素晴らしい仕事をした、最後まで走り切るには十分だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1アメリカGP