マックス・フェルスタッペン 「アルボンはウィリアムズF1でガスリーのように復活する」
マックス・フェルスタッペンは、ウィリアムズで復帰するアレクサンダー・アルボンが、レッドブルを去って以降のピエール・ガスリーの復活からインスピレーションを得ることができると考えている。

アレクサンダー・アルボンは2019年にトロロッソでF1デビューを果たし、シーズン途中に成績不振のピエール・ガスリーの代わってレッドブル・レーシングに昇格。

だが、アレクサンダー・アルボンも、マックス・フェルスタッペンに対してガスリーと同じ闘争に遭遇し、2021年にセルジオ・ペレスと交代する形でF1シートを失った。

その間、ピエール・ガスリーは、レッドブルの姉妹チームでキャリアを再構築し、今ではグリッド上で最も明るい展望の1つとしての地位を確立。多くの人がレッドブルへの復帰を求めている。

今年、レッドブルF1でリザーブドライバーを務めていたアレクサンダー・アルボンは、2022年にウィリアムズでF1復帰することが決定。マックス・フェルスタッペンは、アルボンがガスリーのカムバックをお手本にできると考えている。

「彼にとてもハッピーだというメッセージを送った」とマックス・フェルスタッペンは Ziggo Sport に語った。

「そして、彼はやり直すことができる。彼がトロロッソでしたことを見れば、ピエール・ガスリーに少し似ていて、とても良さそうだった。彼はレッドブルに来て苦労した」

「あのマシンは彼に合わなかったと思う。ウィリアムズでは、彼はより少ないプレッシャーで再び自分自身を示すことができると思う」

「僕もずっと彼に話してきた。僕たちはカートでお互いにレースをしていた。彼は優れている。特定の状況のために、彼はそれを示すことができなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / ウィリアムズ / レッドブル / ホンダF1 / アレクサンダー・アルボン