レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「完全にハミルトンに非があったと思う」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、シルバーストンでのインシデントに関するスチュワードの裁定を読んではいないが、ルイス・ハミルトンに対するペナルティは不十分であるとの主張を続けた。

スチュワードは、ルイス・ハミルトンに両者の衝突の“主”な責任があると判断し、10秒のペナルティを与えた。1人のドライバーが完全に責任を負っていることが判明した場合、それらは“完全”に責任があると記される。
ルティの見直しを要求した。

マックス・フェルスタッペンは、スチュワードがルイス・ハミルトンに“完全”に責任を負わせていないことに気付いていなかったことを認めた。

「正直なところ、ペナルティを聞いただけで声明は読んでさえいなかった」とスチュワードの裁定についての見解を質問されたマックス・フェルスタッペンは語った。

「そぐにそれだけでは十分ではないことに気づいた」

レッドブルF1のルイス・ハミルトンのペナルティに対する異議申し立ては失敗に終わったが、マックス・フェルスタッペンは、衝突を回避するためにスチュワードがあれ以上何をすべきだったと感じたのかを疑問視した。

「あそこで何か悪いことをしたとは思わない」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「前にも言ったように、僕たちは激しくレースをしていたし、もちろん、あのコーナーはとても速い。でも、私はあの接触にどういったパーセンテージがあるのかは分からない」

「彼はあのムーブをして、そのムーブにコミットした。もちろん、僕は彼がムーブをするのを難しくするつもりだ。でも、彼がインサイドにコミットして僕と並んですぐに、僕はコーナーを開けていたし、彼にスペースを残すつもりだった」

「彼らは何を期待していたのか? 僕が完全にコースから外れて、自分のポジションを維持しろということだろうか? おそらく、彼らはトラックから逃げることはできないと言うだろう。だから、僕サイドからすると、そこに少しの割合があることに少し驚いている」

長年の判例では、ペナルティの重大度を決定する際に、インシデントの結果は考慮されていない。しかし、マックス・フェルスタッペンはそこは変えるべきだと考えているおり、衝突の影響を考慮に入れることは「常識」であると述べた。

また、マックス・フェルスタッペン、ルイス・ハミルトンや他のドライバーとのホイール・トゥ・ホイールのレースへのアプローチを変えるつもりはないと付け加えた。

「僕自身、何も悪いことはしなかった」とマックス・フェルスタッペンは説明した。

「僕は懸命戦っていたし、懸命に防御したけど、攻撃的ではなかった。攻撃的だったとしたら、彼を押し出したり、内壁に押し込んだりしていたはずだ」

「でも、僕は彼にスペースを与えたし、それに自分のコーナーを走っていただけだ、彼がしたようにインサイドでコミットして退かない場合、アウトサイドの僕と同じ角度、同じスピードで走れると期待すれば、もちろん、僕にぶつかるだろう」

「僕は外側にいて、コーナーを開始していたし、彼がコミットするとは予想していなかった。彼はアンダーステアが出て、僕のマシンの後部にぶつかった」

マックス・フェルスタッペンは、自分がF1でのレース操作のいくつかで“攻撃的”すぎたとの主張に反論。ライセンスにペナルティポイントがないことを指摘した。ルイス・ハミルトンには4点が累積されており、そのうち2点はシルバーストーンでの衝突に対するものだった。

「もちろん、人々は僕が攻撃的なドライバーなどと簡単に言うけど、僕はそうは思っていない」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「ハードドライバーだとは思う。懸命にレースをしている。でも、結局のところ、自分のマシンをどのように配置する必要があるかはよくわかっていると思う。人にぶつかるような事故には巻き込まれてはいない。ペナルティポイントもゼロだし、それはすでにかなり多くのことを物が照っていると思う」

「もちろん、人々は常に異なる意見を持っているものだけど、僕サイドとしてはそれが僕の見方だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ルイス・ハミルトン