レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン、51GのクラッシュでRB16Bのシートが破損
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1イギリスGPの51Gのクラッシュにより、マックス・フェルスタッペンのRB16Bの“シートが壊れていた”と明かした。

マックス・フェルスタッペンは、F1イギリスGPのオープニングラップのコプスでインサイドからオーバーテイクを試みたルイス・ハミルトンと接触し、バリアに高速でクラッシュした。

接触によってコースを外れたマックス・フェルスタッペンは、グラベルトラップを通り抜けたが、スピードはほとんど落ちず、タイヤバリアに51Gの衝撃でぶつかった。

レッドブル・ホンダ RB16Bに“約180万ドル(約2億円)”相当の損害を被ったマックス・フェルスタッペンは、サーキットのメディカルセンターに運ばれたが、眩暈を訴えたことで、さらなる検査のためにコベントリー病院にヘリコプターで搬送された。

クリスチャン・ホーナーは、クラッシュ後の最初の数分間、マックス・フェルスタッペンがチームの無線にすぐに応答しなかったときの恐怖を振り返った。
「マックスが彼のレースキャリアで経験した最大の事故だった」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「マックスがチームの無線に応答できなかったときは時間が止まった。あの瞬間はドライバーの安全以外のことはすべてを忘れるものだ。我々全員にとって家族のような人であり、我々のスポーツにおけるリスクと報酬を思い出させる出来事だった」

「彼がようやく話すことができ、彼がメディカルチームによってマシンから助けられたのを見たときの安堵は非常に大きかった。いくらかぼんやりしていてサポートを必要としていたが、信じられないほどの気持ちだった」

「実際にマックスのシートを壊すほどの衝撃であり、これらのマシン、ヘイロー、バリアシステムの安全基準に多大な感謝をしなければならない」

「マシンは非常に簡単にひっくり返ることができた。最初に対応した医療チームが最初に懸念を表明したものだったが、幸いなことにそうではなかった」

「51GのGフォースが測定された衝撃の大きさのため、医療スタッフは、内部の怪我や脳震盪などの神経学的な懸念がないことを確認する必要があった」

「シルバーストーンのメディカルセンターでの予備チェックを完了した後、内部的または神経学的に厄介なことが何も起こっていないことを確認するために、マックスはCTおよびMRIスキャンのためにコベントリー病院にヘリコプターで運ばれるべきであると決定された。FIAは我々と同じようにその趣旨の声明を発表し、誰もが状況を認識できるようにした」

「マックスは綿密に監視され、その後22:00頃に病院から解放され、翌日帰宅することができた。私は月曜日の朝に彼と再び話をした。彼は、タイソン・フューリー(ボクサー)と数ラウンドをしたように感じていた」

「彼は打撲傷を負ったが、我々全員がそうであるように、メディカルチームに幸運と感謝を感じていた。真のマックススタイルであり、彼はすでにそれを頭から離して、ハンガリーを楽しみにしようとしていた」

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンを支援し、シルバーストンの失望を利用して次線F1ハンガリーGPでのモチベーションを高めた。

「マックスはシルバーストンをひきずるつもりはなく、コース上で語りたいと思っている」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼はこの事件から気持ちを切り替えて、我々と同じように、残りのシーズンのための追加のモチベーションとしてそれを使用することを決意している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1