レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「ピレリは僕たちに責任を負わせるべきではない」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、ピレリによるF1アゼルバイジャンGPでの2件のタイヤ故障についての“漠然とした”調査結果に納得しておらず、レッドブルやアストンマーティンを非難するのではなく、自分自身を見つめ直すべきだと主張した。

マックス・フェルスタッペンとランス・ストロールが被ったF1アゼルバイジャングGPでのパンクに関するピレリの調査では、生産または品質の欠陥による故障ではなかったと結論付け、タイヤの“走行条件”が原因であると示唆した。

この発表にレッドブルとアストンマーティンは明らかに不満を示しており、ピレリによって義務付けられた規定の圧力と温度のパラメーターに従ってタイヤを走らせたと主張する声明を発表した。

レッドブルとアストンマーティンがどうにかしてタイヤをより低い圧力で走らせる方法を見つけたという疑惑に焦点が移っていることに対して、マックス・フェルスタッペンは自分のチームの誠実さを擁護した。

「もちろん、彼らはレース中に測定ツールを持っていないと説明したけど、僕たちは彼らにタイヤ空気圧を提出しているし、それらは彼らが設定した制限内だった」とマックス・フェルスタッペンは説明した。

「これらの制限が正しくない場合、僕たちにできることは何もない。ルール内で可能なことに従うだけだ」

「それが僕たちが圧力を上げなければならないことを意味するなら、僕たちはそうするだろう。全員が圧力を上げると思う」

「でも、彼らは正しい測定値を持っていなかったと言っている。でも、レース後にそれを彼らに与えている。そして、僕たちはそこで何も悪いことをしなかったことが示されている。アストンマーティンも何も悪いことをしなかった」

「だから、彼らは僕たちに責任を負わせることはできない。彼らは自分自身を見つめなければならないと思う。そして、僕たちはもちろんすべてを喜んで手伝いたいと気持ちでここにいる」

「彼らはすでに金曜日(バクー)から土曜日まで圧力を上げていたので、それは何かを意味していると思う」

「多分それは十分ではなかったということだ。僕たちがここで圧力を上げるのは確かだし、それで十分なことを願っている」

マックス・フェルスタッペンは、今週初めのピレリの公式説明は、答えよりも多くの質問をすべての人に残した“曖昧”なものだったと語った。

「僕たちにとって、出てきたのは少し漠然としたものだった」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「でも、僕が言える唯一のことは、僕たちの側からは、チームがすべきことはすべてやっていたと思うということだ」

「彼らはタイヤの空気圧などですべてのガイドラインに従っていた。そこには何も見つからなかった」

「確かに、今週末はここで圧力を上げることになるだろう。僕たちはそうすると100%確信している」

「それはバクーで起こったことと関係があるかもしれないけど、それがタイヤの空気圧に関連していたかどうかを知るためにもいいことだと思う」

「ピレリは正々堂々と意見を言うべきだ。もう少し理解しやすく言えただろうし、チームは何も悪いことをしなかった。これまでに得た説明は十分ではなかったと思う」

ピレリ F1 タイヤ故障

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ピレリ