レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「BMWと同じ過ちを犯してはならない」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2008年のF1シーズンにBMWが犯したのと同じ過ちを犯さないようチームに警告した。

2008年のF1世界選手権は、最終戦までもつれ込んだルイスハミルトン(マクラーレン)とフェリペ・マッサ(フェラーリ)のタイトル争いが記憶に残っているシーズンだが、序盤戦から速さを見せたのはBMWだった。

第2戦マレーシアGPではニック・ハイドフェルドがBMWザウバーにとって初ファステストラップを記録し、第3戦バーレーンGPではロバート・クビサが初ポールポジションを獲得。そして、第7戦カナダGPではクビサ・ハイドフェルドの順でチームにとっての初優勝を1-2フィニッシュで飾った。この時点でクビサはポイントリーダーとなった。

しかし、BMW上層部はレギュレーションが大幅に変更される2009年を最大のチャンスとみなし、早々に開発の焦点を次シーズンにむけた。その結果、パフォーマンスは徐々に低下。最終的にロバート・クビサはチャンピオンを獲得したルイス・ハミルトンと23ポイント差のランキング4位、ニック・ハイドフェルドは6位。コンストラクターズではフェラーリから38ポイント差のランキング3位でシーズンを終えた。

「残念ながら、起こったことはは、僕がまさに恐れていることだ」とマックス・フェルスタッペンは2018年マシンの開発に失敗したBMWについて Motorsport-Total に語った。

「だからこそ、続けなければならない。チームには、来年も良いクルマを開発できる十分な人数がいると思う」

「メルセデスを倒したければ、弱めることはできない。僕たちはマシンに新しいパーツを追加し続ける必要がある」

「来年のことだけを考えるために、今何かを捨てるのは馬鹿げている。今、新しいマシンに完全に集中した場合、代わりに来年勝つという保証はどこにある?」

実際、23歳のマックス・フェルスタッペンは、2022年に向けて作業すると同時に、2021年マシンの開発の両方を処理できるようにレッドブルを支持している.

「僕たちのエンジニアのことをとても信頼している。彼らは、たとえ時間が少なくても、2022年に向けて良いマシンを作ることができるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1