マックス・フェルスタッペン 「メルセデスF1に乗ればハミルトンより0.2秒速く走れる」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、もし同じメルセデスのF1マシンでレースをしていれば、自分はルイス・ハミルトンより0.2秒速く走れると主張する。

マックス・フェルスタッペンは日曜日のF1アゼルバイジャンGPのほとんどをリードしていたが、タイヤの劇的な故障と時速200マイル近くでのクラッシュによって残りわずか数周でリタイアを喫した。

ルイス・ハミルトンは、レース後、マックス・フェルスタッペンに比べて自分のペースが足りないのは、レッドブルのF1マシンの方ががバクーのストリートサーキットを速かったことが原因だと考えていたが、マックス・フェルスタッペンは即座に反論した。

「僕が彼だったらそう言うだろうね」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「僕が彼のマシンに乗っていたとしても、彼よりも0.2秒速いと思う。彼が何を言おうと気にしない」

ルイス・ハミルトンは、レース再開時に彼自身もアクシデントに見舞われた。ブレーキのバイアスを劇的に変化させる“ブレーキマジック”のスイッチを誤ってフリックして1コーナーでタイヤをロックさせてエスケープに滑り込み、ポイントを獲得できなかった。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、メルセデスF1のトラブルを利用する時間はもう終わったかもしれないと考えている。今シーズン、メルセデスF1はより標準的なサーキットで好成績を残している。

「ストリートサーキットではメルセデスよりも優位に立っているようだ。だからこそ、もっとポイントを稼ぎたかった」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「もちろん、ハミルトンが得点しなかったことは違いを生むけど、もちろん、勝利を手にしてここを離れたほうがよかった」

「通常のサーキットでは、ここでのようなレースをするのがはるかに難しくなると確信している。僕たちのマシンはとても良かったけど、正直、通常のサーキットでは非常に強いメルセデスを予想している」

「この機会にポイントを逃したことを残念に思う。シーズン全体で、特に通常のサーキットに戻ったときは、これらのポイントが必要だ」

マックス・フェルスタッペンは、今後もタイトな戦いが常に起こる可能性があり、ミスは2021年のタイトル争いの一部になると考えている。

「誰もがベストを尽くそうとしているよね? 彼がプレッシャーを感じているからと言ってミスを犯したとは言わない。僕を含め、誰もがそれを最大限に活用しようとしている」

「ルイスは今年、チームメイトだけでなく、別のチームとも戦わなければならない。それは余分なディメンションを追加し、それはスポーツに良いことでしかにないと思う」

タイトル争いをする二人は不運にもポイントを逃したが、マックス・フェルスタッペンはチームメイトのセルジオ・ペレスを称賛し続けた。

「それはチームにとって夢のシナリオだった? 本当にそうだね」とマックス・フェルスタッペンは付け加えた。

「セルジオはルイスの前に居座って良いレースをしていたし、実際にチームにとって最高の一日だった。インラップとクイックストップのすべてが最高だった」

「セルジオは今、マシンの中でもう少し快適になっていると思う。残りのシーズンに向けて、チームにとって非常にポジティブだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1