レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「今年はハミルトンの方がミスが大きい」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、ライバルであるルイス・ハミルトントメルセデスは、2021年にこれまでで最も多くのミスを犯していると考えている。

マックス・フェルスタッペンは、F1アゼルバイジャンGPでタイヤブローによるクラッシュでリタイアを喫したが、ルイス・ハミルトンの“ノーポイント”の結果は、リスタートでのセルジオ・ペレスとの対決でコースオフしたことによるものだった。

「『これは絶対に負けたくない』と思った」とセルジオ・ペレスは振り返る。

「できるだけ遅くブレーキをかけようとしたし、彼も同じことをしたけど、彼にとってはうまくいかなかった。これは、僕たちがミスに対してどれほど脆弱であるかを示している」

しかし、ルイス・ハミルトンはレース後にラジオでブレーキバイアスを前方に動かすように設計された“ブレーキマジック”のスイッチをオンにしたままにしていたかどうかを尋ねている。

「ああ、バディ、君はそれをノックしていた」と彼のメルセデスのエンジニアは答えた。

メルセデスF1のチームを務めるトト・ヴォルフはさらに踏み込んで、ルイス・ハミルトンがスイッチをフリックしたのはセルジオ・ペレスがリスタート時に彼の方に向きを変えたときだけだったと示唆している。

「あれはミスとは言えません」とトト・ヴォルフは語った。

しかし、ポイントリーダーであるマックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンが基本的なアウトブレーキングエラーを恥じる必要はないと主張する。

「僕たちが受けているプレッシャーの下では、誰もがミスを犯します」とマックス・フェルスタッペンは語った。「それは僕にも起こった」

「基本的に、ルイスはチームメイトが彼の唯一の対戦相手だった以前とは異なる状況にいるだけだ。今シーズンは彼が他チームのドライバーと対戦するのは初めてだし、それは完全に異なるものだ」

実際、マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンとメルセデスは自分とレッドブル・ホンダよりも重大なミスを犯していると語る。

「彼らはおそらく違った見方をするかもしれないけど、全体として、僕たちの方がミスは小さいと思う」

「でも、僕はチームが毎回速いピットストップをしてくれると99.9%信頼できる」とF1アゼルバイジャンGPでのルイス・ハミルトンの4.6秒のピットストップを指摘した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス