レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「トラックリミットには厳しい制限が必要」 / F1スペインGP 木曜記者会見
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1サーキットにはもっと多くのグラベルトラップがあった方がいいと考えており、今の“紛らわしい”トラックリミットには“厳しい制限”が必要だと求めた。

2021年シーズン序盤のレースは、トラックリミットが多くの話題を支配した。マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンとの開幕3戦のレースでは矛盾の多いトラックリミットの解釈が大きな役割を果たした。

開幕戦F1バーレーンGPでは、ターン4のトラックリミット外からルイス・ハミルトンをオーバーテイクしたことで、マックス・フェルスタッペンはポジションを返すことを余儀なくされた。第2戦F1エミロア・ロマーニャGPでは、ベストタイムが削除されてポールポジションを逃し、2位フィニッシュした先週末のF1ポルトガルGPでは、ターン14でトラックリミットを超過したことでファステストラップのボーナスポイントを失った。

マックス・フェルスタッペンのタイトルをかけた戦いはすでにいくつかの後退に苦しんでおり、レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、トラックリミットは“残忍”で“かなり高くついた”と述べている。

多くのサーキットが直面している主な問題の1つとして、サーキットがF1とMotoGPの両方のレースを開催していることがある。トラックは両方のシリーズの安全要件を満たす必要がある。しかし、マックス・フェルスタッペンは、トラックリミットに関してより良い妥協が可能であると信じていると語る。

F1スペインGPに先立ち、マックス・フェルスタッペンは「トラックリミットについて実際に監視するのが少し難しいトラックもあるし、僕たちは解決策を見つける必要があると思う」とコメント。

「もちろん、いくつかのトラックではMotoGPもレースをしていることは理解しているし、もちろん、彼らは僕たちとは少し違った縁石を望んでいる。でも、僕たちには両方に機能する中間の方法が必要だと思う」

「僕たちのコーナリングスピードでは、基本的にマシンのグリップによってトラック全体を悪用できる可能性がある。そのため、適切なトラックリミットを実際に判断することが非常に難しい場合がある」

「僕としては、もう少しグラベルを配置する必要があると思っているけど、トラック側がそれを望んでいないこともある。走行日に、人々がオースオフすれば、砂利がコースに散らばって、彼らはそれをきれいにする必要があるし、それを元の場所に戻すにはお金がかかる」

「外から縁石の上を走る場所もあれば、白線で規制されている場所もあるので、少し混乱することがあると思う。コースオフしたときや縁石などをに厳しい制限を確実に設けることによって大幅に改善できると思う」

F1スペインGPが開催されるカタルニア・サーキットでは、ターン1、ターン2、ターン13、ターン14、ターン15でトラックリミットが監視される。

マックス・フェルスタッペンは、決してトラックリミットの問題を過小評価してるわけではないとし、違反は自分がどれほど懸命にプッシュしているかを反映していると主張する。

「バーレーンでは、何が許可されて、何が許可されていないについて、チーム間でいくつかの誤解があった」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「でも、違った見方もできると思う。僕は、自分たちがメルセデスと同じレベルにいないとき、とにかくマシンからすべてを取り出そうとしている。また、トラックリミットの使用などに関する話題は簡単ではないかもしれないけど、そうなるとメルセデスの後ろに甘んじることになるし、僕はそれは好きではない」

「僕はいつもそれから可能な限り最高の結果を得ようとしている。基本的には2回トラックリミットの外に出て、ポールとファステストラップが犠牲になったけど、それは2位や3位に落ち着きたくないからでもある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1スペインGP