レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「3番手は理想的ではないけど戦う」 / F1ポルトガルGP 予選
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1ポルトガルGPの決勝を3番グリッドからスタートすることは理想的ではないが、“戦うつもりだ”と語る。

マックス・フェルスタッペンは、予選Q3の1回目にポールに十分なベストタイムを出したが、トラックリミットを超過したことで抹消され、2回目のアタックでメルセデスの2台のタイムを超えることができず、3番グリッドからレースをスタートする。

「グリップにかなり苦労していて、予選全体をドライブするのが困難だった」とマックス・フェルスタッペンは振り返る。

「トラックのレイアウトは素晴らしいけど、僕たちが経験しているグリップは、ナイスだとは思わない。誰にとっても同じだと思うけど、個人的にはドライブするのは楽しいことではない」

「Q2はまずまずだったけど、ターン4で重大な瞬間があって、少しコースオフしてしまった。あのコーナーは全開だし、突然マシンがスナップし、少し膨らんでしまった」

「また良いラップができると確信していた。最終セクターでは、最後の2つのコーナーの前にいたマシンが邪魔になったし、グリップが低く、風が強くて、ラップタイムが犠牲になってしまった。難しいセッションだったけど、仕方ないことだ」

メルセデスの後ろの2列目からスタートする決勝については「もちろん、理想的ではないけど、レースでは彼らと戦うつもりだ」と語った。

関連:F1ポルトガルGP 予選:ボッタスがPP獲得でメルセデスF1が1列目独占

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1ポルトガルGP