レッドブル・ホンダF1のマックス・フェスタッペン 「ポルトガルではメルセデスの方が強い」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、アルガルベ・サーキットのスタート時点ではメルセデスF1のマシンの方が“強い”と認める。

F1ポルトガルGPの金曜日に行われたプラクティスでは、両方のセッションでメルセデスがタイムシートのトップに立ち、マックス・フェルタッペンは、最終的に0.143秒差の2番手でセッションを終えている。

「ポールを獲得するには、まだ少し改善が必要だ」とマックス・フェルスタッペンは Ziggo Sport に語った。

「総合的にメルセデスの方が少し運転しやすいように見えるし、ルイスはトップラップをしていなかった。僕たちもそうではなかったけど、まだやるべきことがいくつかある」

「メルセデスも強かった昨年と少し似ている」とマックス・フェルスタッペンは付け加えた。

「このサーキットは僕たちにはあまり適していない。僕たちのマシンの方が少し敏感かもしれない」

マックス・フェルスタッペンは、グリップが低いことで悪名を得たアルガルベ・サーキットでレッドブルを運転することを楽しんでいないことを認めている。

「このようなトラックの場合、これ以上のものを引き出すのは難しい」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「常にタイヤの温度、それらがどのように反応しているかに対処している」

「そして、タイヤの反応は今年の最初の2レースとは大きく異なっている。ノーマルではない」

「とても美しいコースで、ドライブするのはとてもクールだ。グリップが少ないのは残念だ。あまり自然ではない。そうあるべきではない」

「今週末を乗り越えれば、通常のサーキットに戻ることができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1