マックス・フェルスタッペン 「ポイント獲得と勝ちに行くレースを見極めていく」 / レッドブル・ホンダ F1ポルトガルGP 木曜記者会見
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2021年のF1世界選手権でタイトルを狙えるマシンを手にしたことで、確実にポイントを拾うレースと“輝く”レースを選択していくと語る。

マックス・フェルスタッペンは、2021年の開幕2戦でルイス・ハミルトン(メルセデスF1)と勝利を分かったが、レッドブル・ホンダの今季マシンRB16Bは、これまでのところ、メルセデス W12と比較してより高速でオールラウンドなマシンであることが証明されている。

戦闘的なマックス・フェルスタッペンは、常に決勝ですべてを与えることを決意してきたが、今年はポイントが最優先されるもう少し保守的なアプローチを選択している。しかし、それは彼がいつも自分のマシンを最大限に活用しようとはしないという意味ではない。

「スピードを失うというわけではない。輝く瞬間を選ぶというだけだ」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「つまり、自分の日ではないのであれば、ある程度の結果で我慢ならないということを理解しなければならない」

「以前は、レースに勝つことができるマシンを持っていなかったけど、チャンピオンシップ争いに参加していないことをわかっていたので、もう少しリスクを冒していたかもしれない」

「当然、チャンピオンシップ争いに参加しているとき、もしくは少なくとも競争力のあるマシンがあると分かっているときは、週末に多くのポイントを失うわけにはいかないので、アプローチは少し変わる。トップレベルでなくてもいい」

「だから、完璧な週末がない場合でも、常に多くのポイントを獲得できるようにする必要があると思う」

マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダF1は、特定のサーキットではメルセデスよりも常に優位に立つとは限らないとし、それが一貫性に焦点を当てる理由であると主張する。

「週末ごとに可能な限り最高の仕事をしたいだけで、もちろん、ミスを最小限に抑えるように努めている」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「いつも自信を持っている。レースに勝ったかどうかは関係ない。過去2レースのように非常に競争力があることを願っているけど、週末ごとに、マシンを掌握する確認する必要がある。僕たちとメルセデスはとても拮抗しているので、違いを生むには本当にマシンを掌握している必要がある」

「そして、それが僕たちが今週末に行っていくことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1ポルトガルGP