マックス・フェルスタッペン 「ラッセルはいきなり勝つかもしれない」 / レッドブル・ホンダ F1サヒールGP
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスから出場しているジョージ・ラッセルが“いきなり勝つ”可能性があるとし、レギュラードライバーのバルテリ・ボッタスに大きなプレッシャーをかけることになるだろうと語る。

ジョージ・ラッセルは、F1サヒールGP初日の両方のプラクティスセッションで最速タイムを記録。ポールポジション獲得や優勝に期待を抱かせるようなミスのないスムーズなセッションだった。

だが、ジョージ・ラッセル自身は初日の走行をそこまで重要視していないと主張する。

「今日最速だったからといって、明日最速とは限らない」とジョージ・ラッセルは語った。

「フェルスタッペンはレーシングトリムで信じられないほど速かった。バルテリはFP2でも速かったけど、彼のラップは抹消された。おそらく僕は彼の0.1秒の後ろにいる。でも、僕は良くなっている」

レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、ジョージ・ラッセルは日曜日のメルセデスとの初レースで勝てると考えている。

「彼はいきなり勝つことができるか? まあ、そうだろね」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「もちろん、ボッタスは簡単に倒せる相手ではない。でも、ルイスがここにいないので、彼を倒すためのプレッシャーが自動的に少しなくなっているので、これから彼はさらにいい走りをするだろう」

「でも、ジョージは当然ここで自分自身を示したいと思うだろう。彼がそう言うことはないだろうけど、ボッタと比較して、自分にどのような価値があるかを示す良い機会だ」

一方、マックス・フェルスタッペンのレッドブルのボスであるクリスチャン・ホーナーは、ジョージ・ラッセルをバーレーンでマシンに乗せることは、ルイス・ハミルトンとトト・ヴォルフの契約交渉の観点からは良いタイミングだと考えている。

「バルテリに対して彼(ラッセル)のベンチマークとなる」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「トトはそれを使ってルイスの契約を何らかの方法、形で交渉しようとしていると確信している」

「それがどのように機能するかを見るのは魅力的だが、別の若者がそのチャンスと機会を得るのを見るのは素晴らしいことだ」

トト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンが新型コロナウイルスから回復するまで交渉はさらに延期されることを認めているが、同時にそれが2021年の値下げ交渉のチャンスになることはないと否定する。

「このような状況が、彼にとっても我々にとっても、ある種の交渉力として利用されることは決してない。それは双方向に言えることだ」とトト・ヴォルフは語った。

「私は彼がどんな人間か、どのように運転をするか、彼の記録、そして、今週または来週何が起こっても我々の交渉に影響を与えないことを非常に尊重している」

また、トト・ヴォルフは、今週末のF1サヒールGPがジョージ・ラッセルとバルテリ・ボッタスの“シュートアウト”であるとの見方も否定している。

「シュートアウトではない。我々はバルテリを完全に信頼しており、これまでと同じように忠誠を誓っている。それが我々の立場だ」とトト・ヴォルフは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ジョージ・ラッセル