マックス・フェルスタッペン、批判に反論「彼らは専門家でも何でもない」 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1トルコGPでの自分に批判的な“専門家”たちに反論した。

ロバート・ドーンボスは「マックスの最悪のパフォーマンスのひとつ」と呼び、ティモ・グロックは「リスクを取りすぎた」と述べ、ジャック・ヴィルヌーヴは「F1での初年度を思い起こさせた」と元F1ドライバーたちはF1トルコGPでのマックス・フェルスタッペンのパフォーマンスを批判的に論評した。

また、マルク・スレールは、他の全ドライバーと比較してマックス・フェルスタッペンは「最悪のスタート」だったと語っている。

マックス・フェルスタッペンは、F1トルコGPでのパフォーマンスにはフロントウイングが正しくセットアップされていなかった影響があったと説明し、貧弱なスタートは、滑りやすいイスタンブール・パークの路面が原因だったとしている。

「エンジンの振動が多すぎて、ホイールのスピンが多かった」とマックス・フェルスタッペンは ZiggoSport に語った。

「グリップが十分に高い場通常のスタートではそんなことは起きない」

また、“専門家”の批判についてマックス。・フェルスタッペンは「まず第一に彼らは専門家でも何でもない。そのような人々明らかに何が起こっているのかを知らない」とコメント。

「レース後、翼の位置が7度ずれていることが判明したし、どこでもアンダーステアが出ていた。それに僕はそこまでアグレッシブにマシンを運転したとは思わない」

「過去2年間にやってきたことをしただけだ。おかしなことは何もしていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1