マックス・フェルスタッペン 「セナやシューマッハとの比較は好きではない」 / レッドブル・ホンダ F1ベルギーGP 木曜記者会見
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、自分をアイルトン・セナやミハエル・シューマッハと比較されることは好きではないと語る。

先週、元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、マックス・フェルスタッペンに非常に感銘を受けているし、F1のレジェンドであるアイルトン・セナやミハエル・シューマッハを引き合いに出してその素晴らしさを語っていた。

「あまりそのような話題は好きではない」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「もちろん、状況がうまくいっていると見ることができるかもしれないけど、僕はもっとうまくやれることに目をむけている。確実に改善し続けていなければならない。他のドライバーだって同じことをやっている。そこが僕が集中していることだ」

マックス・フェルスタッペンは、F1ベルギーGPではメルセデスが優勢だと考えており、2列目のスターティンググリッドにどのチームが並ぶか興味深いとし、特にレーシング・ポイントに注目していると語る。

「彼らはワンラップでとても速い。僕たちはワンラップでは彼らに注意しなければならない」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「僕たちはマシンバランスを優れたものにしていかなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ミハエル・シューマッハ / アイルトン・セナ