マックス・フェルスタッペン「今年タイトルを獲れないことは受け入れている」  / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1史上最年少ワールドチャンピオンになれないことを“受け入れている”と語る。

22歳のマックス・フェルスタッペンは、セバスチャン・ベッテルが保有する記録(23歳134日)を破るためには今年タイヤを獲得する必要がある。

しかし、マックス・フェルスタッペンは今年のレッドブル・ホンダはその仕事を果たすことはできないと語る。

「今年、ワールドタイトル争いにいないことはすでに受け入れている」とマックス・フェルスタッペンは Sporza に語った。

「とてもシンプルなことだ。ルイス・ハミルトンは最高のマシンに乗っていて、彼はチームメイトを倒している。そして、ボッタスと僕との間のギャップは大きくなるだけだと思う」

マックス・フェルスタッペンは、この状況に過度に苛立っているとの見方を否定した。

「今シーズンのスタートは順調だったけど、チャンピオンシップ争いに僕たちは入っていない」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「メルセデスがやっていることは素晴らしいし、それを尊重しなければならない」

マックス・フェルスタッペンは、2020年のF1世界選手権における目標は“すべての週末のレースでベストを尽くすこと”だと語る。

「もちろん、僕は勝ちたいし、ハミルトンとボッタスに問題が発生した場合に倒す準備をしておく必要がある」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「2位または3位になることが達成可能な最大である場合、僕はそれに満足する必要がある」

マックス・フェルスタッペンの態度と性格は、父親のヨス・フェルスタッペンとレッドブルのジュニアプログラムの契約を結んだヘルムートマルコという2人の男性によって形作られたようだ。

「ヘルムートはドライバーに非常に厳しいとよく言われているよね」とマックス・フェルスタッペンは De Telegraaf に語った。

「しかし、何よりも、彼は非常に現実的だと思う。運転がうまくいかない場合、それだけでおしまいだ。うまくやっていれば、うまくいく。彼は率直で、常に非常に直接的な質問してくる」

「僕の父はいつも「おまえが悪かったのならば、正直でなければならない』と言っている。人々はそれを好まないからといって、それを否定するべきではないということだ」

「僕はいつも自分自身でそうしようとしている。それに僕の周りには必要に応じて手助けや助言をしてくれる良い人たちがいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1