「ホンダF1と組んでレッドブル・リンクは相性の良いサーキットになった」とマックス・フェルスタッペン
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、ホンダF1とのパートナーシップを開始した昨年にレッドブル・リンクがチームにとって相性の良いサーキットに変化したと語る。

2020年のF1世界選手権はすべてがうまくいけば7月5日にオーストリアで開催される。レッドブル・リンクはマックス・フェルスタッペンは過去に好成績を残してきたサーキットであり、過去2年間で優勝、2016年には2位を獲得している。

理論的にはマックス・フェルスタッペンにとって2020年のF1世界選手権がレッドブル・リンクでスタートすることは有利だと考えられている。しかし、昨年、ホンダF1と組むまではレッドブル・ホンダにとっては相性の良いサーキットではなかったと語る。

「昨年までは、レッドブル・リンクが僕たちにとって相性の良いトラックだとは思われていなかった」

「でも、突然そうなった。昨年、僕たちとアップデートを行い、それが大きな違いをもたらした。それまでの年はタイヤを長持ちさせるためのレースだと思っていた」

F1オーストリアGPでは無観客レースとして開催されることになる。当然ながら、マックス・フェルスタッペンはオランダのファンがいないことを寂しく思っていると語る。

「オーストリアでは多くの興味深いことが起こった。僕たちのホームグランプリのひとつなので、あおこでレースをするのが大好きだ。これがレッドブル・リンクでのレースにかけるプレッシャーも大好きだ」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「これまでの年はファンが本当に熱狂していたし、毎回彼らの悲鳴が聞こえた。残念ながら、今年は違った年になるだろう。勝利に向けて最善を尽くさないということではないけどね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1オーストリアGP