マックス・フェルスタッペン、2番グリッドは「今日の最大限の結果」 / レッドブル・ホンダ F1アブダビGP 予選
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1アブダビGPの予選でメルセデスの2台に次ぐ3番手タイムをマーク。バルテリ・ボッタスのグリッド降格により、決勝レースは2番グリッドからスタートする。

予選Q2をミディアムタイヤで通過したマックス・フェルスタッペンは、1回目のアタックで1分35秒139をマーク。2回目のアタックでタイムを更新できず、トップから0.360秒差の3番手タイムで予選を終了。ボッタスがエンジン交換で降格するため決勝はフロントローからスタートする。

「今日達成できた最大限な結果だ」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「僕たち全員がメルセデスがここで支配的なのはわかっていたので、全体的にかなり満足している。フロントローは嬉しい。もちろん、予選でその位置を獲得したかったけど、それでも明日は多くのチャンスがある」

「僕たちのレースペースはいいけど、メルセデスもロングランでとても強いのはわかっている。明日どうなるか見てみよう」

関連:F1アブダビGP 予選 | ルイス・ハミルトンが今季5回目のポールポジション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1アブダビGP