マックス・フェルスタッペン、ポールは失うもコースレコードは更新
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1メキシコGPのポールポジションはペナルティによって失うことになったが、エルマノス・ロドリゲス・サーキットのコースレコードは更新した。

黄旗で減速しなかったことで3グリッド降格ペナルティを科せられたマックス・フェルスタッペンだったが、対象となった周回のラップタイムは抹消されていない。

1分14秒758は、昨年レッドブルのダニエル・リカルドが記録したコースレコードは0.001秒上回った。

レッドブル・ホンダは、昨年のエルマノス・ロドリゲス・サーキットでの昨年のラップタイムを上回った3チームのうちのひとつ。今年、ピレリは昨年よりも硬めのコンパウンドを選択している。

マクラーレンは最も昨年からタイムを更新したチームであり、0.8秒を改善している。だが、レッドブル、マクラーレン、トロロッソ以外は昨年のタイムを下回っている。

最も遅くなったのはハースで昨年よりも1.2秒遅い。今年、ハースは3つのサーキットで昨年のタイムを下回っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1メキシコGP