マックス・フェルスタッペン 「勝つためなら嫌われても構わない」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、自分がF1界で好かれるかどうかは問題ではなく、最終的に勝つかどうかが重要だと語った。

マックス・フェルスタッペンは、過去にメディアの前での単刀直入な発言とレース中の攻撃的なドライビングスタイルが相まって物議を醸すドライバーだった。

しかし、今では通算7勝を挙げ、F1で最も才能のあるドライバーのひとりと評価され、各グランプリではマックス・フェルスタッペンの母国オランダのカラーを身にまとったオレンジ軍団がスタンドを埋めている。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、自分が求めているのは勝利することだけであり、人から好かれるドライバーでなくても構わないと語る。

「他の人をけなしたり、傲慢に聞こえてほしくないけど、僕は勝つことを固く決心しているし、諦めることはない」と BBC Sport にコメント。

「こういう風に言ってみよう。キャリアの後、自分がもし5回のワールドチャンピオンを獲得していたとしても、僕は最も好かれる人間ではないかもしれない。僕にとってそこは重要ではない。最終的に勝つことが重要だからね」

「それは傲慢に聞こえるかもしれないけど、そう受け取ってほしくはない。勝つためなら何でもする。汚いことをするつもりはないけど、ちょっとくらいなら厳しいやり方でそうするつもりだ。最も好かれる人間になるためにここにいるわけではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1