F1 マックス・フェルスタッペン ホンダF1
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、今年のドライバーズ選手権でバルテリ・ボッタスを上回り、ルイス・ハミルトンの後ろの2位で終えたとしても、ほとんど満足することはないだろうと語る。

マックス・フェルスタッペンは、夏休み前の4レースで好調を維持した。2度の勝利と1回の表彰台を獲得し、シルバーストーンでもセバスチャンベッテルに追突されなければ、2位で終えられていた可能性があった。

マックス・フェルスタッペンは昨シーズンを4位でフィニッシュしており、ベストシーズンをさらに改善したいと考えているが、それが自分に与えるものはほとんどないと語る。

「僕にとっては1位であることが重要だ」とマックス・フェルスタッペンは De Telegraaf に語った。

「20年後に自分のキャリアを振り返ったとき、自分がワールドチャンピオンの次点になったことを誇りに思うことはないだろう」

「気にしていないし、トップスポットだけが重要だ。他の人は違った考え方をしているかもしれないけど、私にとっては勝利だけが重要だ」

今季の2回の勝利により、マックス・フェルスタッペンは来シーズンに向けて自信をつけている。2020年のレッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコが願うF1最年少ワールドチャンピオンになる最後のチャンスとなる。

「メルセデスが冷却の問題に苦しんでいたので、オーストリアで優勝できたということも忘れてはならない。もちろんそれは助けになった。

「でも、いずれにしろ、僕は2回勝った。それはシーズンのある時点で予想していたよりも良い。僕たちはまだ良い進歩を遂げているけど、それはもう少し良くしていかなければならない」

「それは間違いなく来年に向けてポジティブに見えるけど、他の人たちも黙っているわけではないよね?」

「僕たちはギャップを埋めるために本当に一生懸命に努力しなければならない。これまでのところ、僕たちの進歩には満足している」

「ホンダについても、ゲインを得るためにまだまだ多くのことがあると思う。1年目の相互関係を見ればそれは確かだ。うまく連携できれば、明らかにポテンシャルはある。今最も重要なことは、常にパフォーマンスを発揮し、連携していくことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / ホンダF1