F1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ
マックス・フェルスタッペンは、たった1年シングルシーターでレースを経験した後にF1に急速な昇進を果たしたことで、他のドライバーがキャリア序盤で犯すようなミスに繋がったと語る。

わずか5歳で始めたカートでのキャリアの成功を収め、父親による優れたメンタリングもあり、マックス・フェルスタッペンは2014年にシングルシーターに乗り換えました。

レッドブルの支援により、マックス・フェルスタッペンはヨーロッパ3チャンピオン選手権で10勝を挙げて3位でシーズンを終了。この結果はレッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコが2015年のトロロッソのF1ラインナップにフェルスタッペンを含めることを納得させた。

わずか17歳でF1デビューを果たしたマックス・フェルスタッペンは、2016年にレッドブルに昇格してF1スペインGPで初優勝を果たし、F1史上最年少のグランプリウィナーとなり、さらなる進歩を果たした。

しかし、F1でのマックス・フェルスタッペンの形成期は、いくつかの注目に値するミスによって特徴付けられた。しかし、2018年シーズン序盤に困難なスタートを切ったマックス・フェルスタッペンは、攻撃性を抑え、間違いなく成熟度と一貫性を得た走りを手に入れた。

「昨年はシーズン後半からは良かったと思う」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「いつでも向上することができると思っている。長年にわたって、向上する方法を学んでいくものだ」

「自分がやってきたレースでの経験があるし、僕はルーキーではないのは確かだ」

「90回以上のスタートを切っているけど、もちろん、F3で1年しかやっていなかったので、F1に入るのは大きな飛躍だった」

F1キャリアで7勝を挙げているマックス・フェルスタッペンはまだ成長を続けている。それはおそらくライバルによって脅威となっている事実だ。

「僕はまだ向上しているまだ21歳だ」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「ピークがいつか、いつリスクを冒すべきかを知ったことで一貫性が良くなっている。結果を取り戻して、ポイントを獲得しようとしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1