F1 マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダのここまでの進歩には満足しているが、2019年の残りのシーズンは1戦ずつ戦っていくとし、具体的な目標は設定していないと語る。

2019年シーズンの6戦を終えて、マックス・フェルスタッペンは下位度の3位表彰台と4回の4位入賞を果たし、ドライバーズ選手権で4位につけている。

レッドブルとホンダはメルセデスとのギャップを縮めるために懸命に作業を続けているところだが、マックス・フェルスタッペンはレッドブル・ホンダは2019年のここまでに達成したことをポジティブに受け止めていると語る。

「かなりうまくいっていると思う。ここまで結果を最大化できているので、あまり文句は言うことはできない」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「もちろん、僕たちは勝ちたいと思っている。まだ勝てる立場にはいないけど、すぐにそれを実現できるように全力で取り組んでいる」

「チームはチャンピオンシップで3位だし、僕たちはとにかくポテンシャルを最大化することができている。それは常にポジティブなことだ。うまくいかないことがほとんどだからね」

「すべてをうまくやるのは決して簡単なことではないし、僕たちはかなりうまくいっていると思う」

レッドブル・ホンダのパッケージはレース毎に勢いを増しており、マックス・フェルスタッペンのスキルとモチベーションと組み合わせられれば、初勝利への道はそう遠くないかもしれない。

それでも、マックス・フェルスタッペンは、残りのシーズンでいかなる大胆な予測を立てることはないと語る。

「予測するのはとてもに難しい。僕たちが改善しなければならないことはわかっているけど、状況はトラック毎に変わる可能性がある。おのずと他よりも少し競争力がある場所も出てくるだろう」

「経験上、常に最も効果的なのは、成り行きを見守りながら、多くの目標を設定しないことだ。とにかく懸命に仕事をして、勝つためのチャンスとして毎週末にアプローチすることだ。シーズン終了時にどうだったかがわかるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン