F1 マックス・フェルスタッペン ホンダF1
マックス・フェルスタッペンは、ホンダの仕事とF1エンジンに満足していると語り、ここまでは“ベストなシーズンのスタートだと考えている。

昨年はシーズンのスタートで出遅れたマックス・フェルスタッペンだが、新生レッドブル・ホンダの初シーズンとなった今年は開幕戦で3位表彰台を獲得。残りの2戦でも4位入り、現時点で昨年のこの段階と比較して倍以上のポイントを稼いでいる。

マックス・フェルスタッペンは、ホンダとすぐに結果を出せるとは期待しなかったとし、レッドブル・ホンダの2019年のスタートに“満足”していると語る。

「全体的に僕たちは今シーズンにのスタートに満足することができると思う」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「僕たちがすぐに勝利を争うことになるとは誰も予想できないと思うし、それは現実的ではない。新しいパートナーとは時間がかかるものだ」

「これまでのところ、僕はホンダにとても満足している。彼らは明確なゴール、十分な資金、正しいコンポーネントがある。制限はない。エンジンは信頼性があり、ほとんど壊れていない」

「今のような感じてポイントを獲得できているのはシーズン全体にとって非常に重要だ。もちろん、エンジンパワーは常に向上していくだろうけど、それはわかっていた。彼らは改善するために信じられないほど懸命に働いている。文句を言うことはできない」

「私たちはエンジンだけに集中することはでないし、僕たち自分自身でも見つけていかなければらない。我々はクルマをもう少し良くしなければならないし、もっとダウンフォースを見つけて、全体的にレースでより一定したバランスを取ろれるようにならなければならない」

「それが僕たちが信じられないほど忙しく取り組んでいることであり、メルセデスとフェラーリよりも早く開発できることを期待している」

「現時点で僕たちは今持っているものを最大化する必要がある。これまでのところ、僕たちは素晴らしい仕事をしてきと思う。ここまでは最高のシーズンのスタートだ」

ホンダF1との作業についてマックス・フェルスタッペンは「日本人と仕事をするのは好きだ」とコメント。

「彼らは落ち着いているけど、とてもやる気があるし、やらなければならないことに集中している。彼らはチームでの役割を知っている。僕が問題を抱えていれば、彼らはすぐにそれを直してくれる」

「彼らは日本にテストベッドがあり、レッドブル・レーシングがあるミルトン・キーンズにもファクトリーがある。金曜日に問題が見つかった場合、彼らはテストベッドで直接解決策を見つけようと努力する。翌日にクルマに乗ると、彼らはそれを修正するためにすでにいくつかの設定を変更していることがある」

マックス・フェルスタッペンは、フェラーリがどのようにレース中のストレートで多くのパワーとスピードを生み出しているかは「誰もわかっていない」と認めるが、レッドブルとホンダがシーズンの中間点でフェラーリとメルセデスのレベルまで上がることを願っていると語る。

フェラーリは、2019年のコンストラクターズ選手権でメルセデスに遅れをとっているが、トラックのストレートセクションで多くのペースを表している。

「まだまだパワーを増す必要があると思っているけど、少しずつ近づいている。シャシーの面でも、僕たちは競争力をつける改善する必要がある。どうなるか見てみるつもりだ」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「シーズン中盤にはストレートのないサーキットでしか戦えないと言わなくていいことを願っている」

「僕たちはまだストレートでタイムを失っている。それは事実だ。特にフェラーリと比較してね。彼らは今年なんらかのことを見つけた。でも、誰もその方法をわかっていない。彼らは宿題をやり終えているし、僕たちはシャシーとエンジンの両方でもっと近づかなければならない」

2020年までにワールドチャンピオンに挑戦できる可能性について質問されたマックス・フェルスタッペンは「まだシー

ズンの非常に早い段階だし、僕たちはチャンピオンシップで3番目だ。まだあらゆる可能性がある。僕たちはクルマとエンジンに優れたアップデートを投入していく必要がある。そうすれば、どんなことでも可能だ」

マックス・フェルスタッペンは、オーストラリア、バーレーン、そして中国で開幕3レースを終え、現在ドライバーズチャンピオンシップで3位につけている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | ホンダF1