F1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ
マックス・フェルスタッペンは、2019年のF1世界選手権の開幕戦で3位表彰台を獲得できたことは嬉しいことではあるが、レッドブル・ホンダがメルセデスを倒すためにはまだ懸命に仕事をしなければならないと語る。

F1オーストラリアGPで、マックス・フェルスタッペンは2019年シーズン、そして、ホンダとの新たなリレーションシップに置いて非常に成功したスタートを切った。

新たにレッドブルのエンジンサプライヤーであるホンダは、レッドブルに表彰台をもたらしたが、シーズン初戦からにそれを実現できると考えていた人々はそれほど多くはなかった。

マックス・フェルスタッペンは、結果には満足しているが、メルセデスとのギャップは少し心配していると認める。

「改めて、レースを通したスピードという点では、昨年からとても良い前進を果たしていると思う」とマックス・フェルスタッペンは crash.net にコメント。

「他のチームに対するトップスピードだけを比較すれば、それにはとても満足している」

「それに総合的にエンジンは問題もなく、本当にうまく機能していた。そこも重要だ。僕たちがトップを争えるかどうかは時間が教えてくれると思う」

「全体的にとにかくとても満足している。少なくともトップスピードという点では戦うことができtからね。っよい進歩だし、ポジティブなこともたくさん得られた。ここまで僕たちは本当にうまく協力できている。それにはとても満足している」

開幕戦ではレッドブル・ホンダは、フェラーリを凌駕していた。しかし、マックス・フェルスタッペンはメルセデスとのギャップを縮めるためには懸命に仕事をしていく必要があると語る。

「バルテリはまだはるかに前にいたと思う」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「良い結果ではあったけど、僕たちは改善するために懸命に仕事をしていかなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | レッドブル | ホンダF1