F1 マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペンは、レッドブルとホンダF1の間で明確なコミュニケーションがとれており、職場環境においてお互いのことを非常に理解することができていると語る。

2015年にホンダがマクラーレンとともにF1に復帰した際、F1エンジンのパフォーマンスと信頼性という困難おyりも日本と英国の文化の違いによるコミュニケーションに苦しんだ。

最終的にマクラーレンとホンダの関係は崩壊してパートナーシップは解消された。しかし、レッドブルはトロロッソでの1年間の“実証期間”のおかげでコミュニケーションを改善させた。

マックス・フェルスタッペンは、F1プレシーズンテストでレッドブル・レーシングとホンダF1は同じ波長で仕事に取り組んでいたと語る。

「ホンダのエンジニアと一緒に仕事をすることは本当に素晴らしく楽しいものだった。彼らは僕が話していることを正確に把握してくれている」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「僕たちは本当にお互いを理解していた。コミュニケーションは非常に簡単に進められると感じた」。

「それは今後のシーズンにとって非常に重要なことだ。決断する時間があまりないレースでの重大な局面では特にね」」

「僕たちはすでにお互いをよく理解していると思う。だからこそ、最初の数週間はお互いをもっとよく知り、お互いを感じ、理解することが非常に重要だった。とても良い2週間だった」

ホンダは、F1エンジンの信頼性を確実に進歩させており、レッドブル・レーシングはF1バルセロナテストで十分な走行距離を達成。それはマックス・フェルスタッペンの信頼を高めることにも役立った。

「信頼性に驚いた。多くの周回数を走り込めたし、基本的にトラブルでストップすることはまったくなかった。当然ながら、それはテストで僕たちが望んでいることだ」

また、マックス・フェルスタッペンは、ホンダのF1パワーユニットのクオリティについても称賛した。

「僕にとって最も重要だったのは、とにかく新しいエンジンを感じることだった」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「完全に異なるパワーユニットなので、とにかくドライバビリティに慣れたいと思っていた。シフトダウンなど様々なことを理解したいと思っていた」

「非常にポジジティブな驚きだったし、すべてがとても良いフィーリングだった。僕たちはエンジンを運転可能で素晴らしくするものにするためにそれほど大きく変更する必要はなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | レッドブル | ホンダF1