F1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ
マックス・フェルスタッペンが、レッドブル・ホンダでの初陣となる2019年のF1世界選手権の開幕戦オーストラリアGPに向けての意気込みを語った。

「いつもオーストラリアに行くことを楽しみにしているし、再びレースをスタートする準備は整っている」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「今年はシーズンが開始するのが早いけど、それでも長い冬だったように感じている。メルボルンはシーズンの開幕戦なので面白い週末だし、誰も自分たちがどの位置にいるかは実際にはわかっていない。特にレギュレーションが変わったし、僕は新しいパワーユニットを搭載するからね」

「アルバートパークは面白いトラックだ。実際、かなりバンピーで速いコーナーがたくさんあるので、バランスの取れたクルマがあるときは楽しい。ストレートがあまり長くないのでオーバーテイクが簡単なサーキットではないし、セットアップも難しいけど、決して不可能ではない」

「テストでのロングランを見れば、僕たちのパフォーマンスはかなり有望だと思うし、シーズン序盤から競争力を発揮できることを期待している」

「全体的に僕たちにはかなり良いパッケージがあると思っている。でも、レース週末に入るまで自分たちがどの位置にいるか、メルセデスとフェラーリとのギャップを縮められているいるかどうはわからない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | レッドブル | ホンダF1 | F1オーストラリアGP