F1 マックス・フェルスタッペン ホンダF1
マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングがホンダとともに2019年のF1ワールドチャンピオンを目指すと宣言していることに“嘘はない”と語る。

最近、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、新たなエンジンサプライヤーであるホンダに自信を持っており、2019年という早い時期にマックス・フェルスタッペンがF1史上最年少ワールドチャンピオンになれない理由はないと語っていた。

ホンダは、2015年にF1復帰して以降、マクラーレンとトロロッソとの4年間でまだ表彰台に到達できていない。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、レッドブルには、ホンダが現在のエンジンパートナーであるルノーを超えた大きなパフォーマンスを果たすことを示すデータがあると主張する。

ヘルムート・マルコのコメントについて質問されたマックス・フェルスタッペンは「数字もそれを示している」とコメント。

「僕たちは嘘をついたり、世界に真実ではないことを示したりはしない。他の人たちがどれくらい改善するかにもよる。僕たちは待たなければならない」

マックス・フェルスタッペンは、まだホンダがメルセデスやフェラーリの後ろで2019年シーズンを開始する可能性があると認める。

「僕は現実的だ。最初は僕たちはまだ少しパワー不足だと思うけど、今よりも良くなるのは間違いない」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「僕たちがもっと近づくのは確かだ。それが最初から十分かどうかはわからない。最初にあまりに多くのポイントを失いすぎないようにできるだけベストな結果を出していくことが重要だ」

マックス・フェルスタッペンは、実際にクルマを試してみるまで、自分がワールドチャンピオンに挑戦できるかどうかはわからないと語る。

「自分にはできると思っている。僕はもうほぼ4シーズンを過ごしているし、例えば、ルイスは初シーズンにタイトルを争っていたからね」

「そのための準備はできているか? それはかわらない。彼は準備ができていたか? そうかもしれないし、そうでないかもしれない」

「でも、あのクルマがあれば、間違いなく目指せるだろう。クルマに常に優位性があれば、通常、チームメイトと戦うだけだからね」

「誰が準備ができているかどうかは決して100%はっきりとはわからない」

「できる限りはやく走れるクルマがあって、それがグリッドで最速のクルマならば、通常、レースに勝つか、2位だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | レッドブル | ホンダF1