F1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・レーシング モナコグランプリ 2018年のF1世界選手権
マックス・フェルスタッペンは、ギアボックス交換により、F1モナコGPの決勝レースで5グリッド降格ペナルティを受けることになった。

今週末、ここまでレッドブル・レーシングは好調なパフォーマンスを発揮しており、すべてのセッションで1-2を独占してきた。

しかし、フリー走行3回目にマックス・フェルスタッペンはターン15のガードレールに接触して、ターン16にウォールにクラッシュ。

マシンの左側からウォールに強くヒットして前後のサスペンションが損傷していた。

レッドブル・レーシングは予選にむけてマシンの修復作業を行っているが、ギアボックスが壊れていることを確認。新品のギアボックスを搭載することでマックス・フェルスタッペンは決勝レースで5グリッド降格ペナルティを受けることが確定した。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | レッドブル | F1モナコGP