F1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・レーシング 中国GP
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1中国GP決勝でのマックス・フェルスタッペンでのターン7での動きは“トップドライバーならやらない”走りだと一刀両断した。

レッドブルは、30周目のトロロッソ・ホンダの同士討ちで入ったセーフティカーのタイミングでピットインでダブルストップを敢行。新品のソフトタイヤで1ストップの上位勢へのアタックを開始した。

だが、ダニエル・リカルドがクリーンで鮮やかなオーバーテイクを連発する一方で、マックス・フェルスタッペンはやや強引な追い抜きを仕掛けて失敗した。

マックス・フェルスタッペンは、ターン7でアウト側からルイス・ハミルトンにオーバーテイクを仕掛けたが、コースオフを喫している。

「ターン8の方がオーバーテイクの可能性があるよね。実際、ターン7のアウトサイドはラインが汚れている」とルイス・ハミルトンはコメント。

「とても速いし、長いコーナーだ。以前にあそこでアウトサイドから仕掛けたドライバーはいないと思う。あそこで彼のことは見てさえいなかったし、いつも通りにコーナーを回っていた」

「リプレイを見たけど、彼があそこで何をやれると思ったのか理解できない。でも、僕にとっては問題ではなかった」

「まぁ、彼の走りには感謝しているけどね。おかげで今日はあまり多くのポイントを失わずに済んだ」

マックス・フェルスタッペンは、その後、セバスチャン・ベッテルにオーバーテイクを仕掛けた際に接触。10秒ペナルティを科せられたことで、ハミルトンの前の4位でフィニッシュしたものの、最終的に5位でレースを終えている。

ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンとセバスチャン・ベッテルの接触に巻き込まれることを心配していたと語る。

「彼らのクラッシュに巻き込まれることを心配していた。特に彼らは方向展開しようとしていたし、それに巻き込まれるかもしれないと思った。安全に通過できたけどね」

「エイペックスに向かっているときに二人が僕に向かってくるのが見えた」

「僕は『キミがやったようにタイトにコーナーを回ることはできないな』と思ったし、左に避けなければならなかった」

関連:F1中国GP 結果:ダニエル・リカルドが大逆転優勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | F1中国GP