マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペンは、F1ベルギーGPでのフェラーリのキミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテルを非難した。

マックス・フェルスタッペンは、スタート後の1コーナーでフェラーリ勢とスリーワイドになって接触。下位から反撃するなかでキミ・ライコネンと多くのバトルを繰り広げた。

キミ・ライコネンは、無線でマックス・フェルスタッペンにかなり批判的であり、「僕をサーキットから完全に押し出すことしか興味がない」「マジで馬鹿げてる」と怒りを露わにしていた。

キミ・ライコネンは、ケメル・ストレートでマックス・フェルスタッペンがポジションを守るために遅くに動いたため、事故を避けるためにフルスピード時にブレーキをかけなければならなかったと主張した。

ドライビングを和らげる必要があるかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「正直、それは大きな嘘だ」とコメント。

「ただ自分のポジションを守っていただけだし、それが気に入らないのであれば、それは彼自身の問題だ」

キミ・ライコネンは「僕は公平な接戦をしているけど、自分の動きをしているときにストレートでバックオフしなければならないのは正しくはない」とコメント。

「フルスピードからブレーキをかけなければならなかった。他のドライバーとはそんなことはない」

マックス・フェルスタッペンは、1コーナーでの接触はアウトサイドから入ってきたセバシチャン・ベッテルに責任があると述べた。

「僕のスタートは良くはなかったけど、インサイドに飛びこんだ。ホイールをロックさせてはいないし、楽にコーナーに入っていた」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「でも、彼らは僕を絞り続けたし、ある時点で僕はインサイドにいた。キミが絞ってきたけど、そのあとセバスチャンが僕たち二人の方にターンインしてきた」

「彼は自分がアウトサイドにいるのをわかっていて、他の2台がいるコーナーにターンインしてきた」

「それによってフロントウィングがダメージを受けた。ダメージは大きかったし、フロアも壊れてしまた。そこでレースは終わった」

マックス・フェルスタッペンは、ダメージを受けたマシンに苦労し、ポイント圏外の11位でフィニッシュした。

関連:F1ベルギーGP 結果:ニコ・ロズベルグがポール・トゥ・ウィン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | レッドブル