マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペンは、F1スペインGPで初優勝。レッドブルでの移籍初戦、そして、F1史上最年少優勝記録を大きく更新しての初優勝に「信じられない」と語った。

昨年、トロ・ロッソから17歳165日でF1史上最年少デビューを果たしたマックス・フェルスタッペン。スペインGP前にダニール・クビアトと交代でレッドブルに加入したばかりのフェルスタッペンは、F1で24戦目となるF1スペインGPで初優勝。18歳227日で最年少優勝記録を塗り替えた。

レッドブルにとっては2014年のF1ベルギーGP以来の勝利。オランダ人としては初のF1優勝となる。

初めてF1の表彰台の頂点に立ったマックス・フェルスタッペンは「最高の気分だ。信じられないよ」とコメント。

「素晴らしいレースだった。このような素晴らしいクルマを造ってくれたチームに感謝しなければならない」

「初レースですぐに勝つなんて驚くべき感覚だ」

また、マックス・フェルスタッペンは、父である元F1ドライバーのヨス・フェルスタッペンに敬意を表した。

「最後にとても若い年齢の頃から父は僕のことおを本当に助けてくれたし、これを達成できたのは素晴らしいことだ」

マックッス・フェルスタッペンは、レースを通してキミ・ライコネンのプレッシャーに耐えた。

「今回のレースは耐久レースのようだった。ラスト10周は特にね。レースをリードしているなんて信じられなかった」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「今日は全てがうまくいった。タイヤを持たせることができたし、僕たちは最高の戦略を実行した」

関連:F1スペインGP 結果:マックス・フェルスッタペンがF1史上最年少優勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1スペインGP