ギド・ヴァン・デル・ガルデ
ギド・ヴァン・デル・ガルデが、2015年のザウバーのレースシート獲得に近づいているようだ。

オランダの複数のメディアは、ザウバーとギド・ヴァン・デル・ガルデに近い“複数のソース”が両者の交渉がうまく進んでいることを明かした報道。。

Algemeen Dagblad は「情報元は、ヴァン・デル・ガルデがレースシートを保証されたと報告している。内部関係者によれば、わずかだが、今年中に彼が昇格する可能性もあるという」 と報道。


この背景には、エイドリアン・スーティルのスポンサーの支払いが遅れていることがある模様だ。また、今季いまだノーポイントのザウバーがエイドリアン・スーティルに“不満を抱えている”とも言われる。

同紙は「このスイスのプライベーターチームは資金を渇望している。財政的な苦境は、数名の従業員が数カ月にわたり支払いを受けていないように見受けられる段階にまで至っている」と続けた。

「彼(ヴァン・デル・ガルデ)が裕福なスポンサーを抱えているのは公然の秘密だ」

しかしな、エイドリアン・スーティルは、先週末のスパで2015年もザウバーとの契約を有していると述べ、「自分が2015年もF1にいると確信している」と述べている。

ギド・ヴァン・デル・ガルデのマネジメントは、今のところ公式なコメントは発表していない。

しかし、ギド・ヴァン・デル・ガルデのマネジャーを務めるヤン・ポール・テン・フーペンはハンガリーで「我々はザウバーと続けていきたい」と述べている。

「ギドがドライブできるようにあらゆる手を尽くしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ザウバー