ギド・ヴァン・デル・ガルデ
ギド・ヴァン・デル・ガルデの将来の義父が、ウィリアムズの買収を検討していると De Telegraaf が報じている。

同紙は、オランダ人企業家マルセル・ブックホールンが、トト・ヴォルフが所有していたウィリアムズのチーム株式15%を買収することに“真剣な関心”をもっていると報道。

ギド・ヴァン・デル・ガルデは、マルセル・ブックホールンの娘であるデニスと婚約している。

ケータハムは、2014年にヘイキ・コバライネンを再び起用するとみられており、マルセル・ブックホールンが大株主を務めるマクレガーから支援を受けるギド・ヴァン・デル・ガルデは、2014年のための新たなシートを探しているとされている。

ギド・ヴァン・デル・ガルデのマネージャーを務めるジャン・ポール・テン・ホーペンは「マルセルは、確実なビジネル展開においてそのようなステップを検討しているだけです」と述べ、マルセル・ブックホールンとトト・ヴォルフが「お互いに話し合っている」ことを認めた。

だが、その取引が、ギド・ヴァン・デル・ガルデのウィリアムズへの道を開くかと質問されたジャン・ポール・テン・ホーペンは、「基本的に、株式を購入することと、レースシートを得ることがまったく別なことだ」と主張した。

だが、ジャン・ポール・テン・ホーペンは、マクレガーが、ウィリアムズのスポンサーに戻ることを除外しておらず、「ギエドは、有名なチームで運転したいと考えており、私はウィリアムズが何をしているかわかっていると思う」とコメント。

ウィリアムズには、オランダの投資会Cyrteという株主がいる。ジョン・デ・モルが設立したCyrteはウィリアムズの株式の5%を所有している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ウィリアムズ