USF1の2010年03月のF1情報を一覧表示します。

ステファンGP、USF1の買収に合意

2010年3月20日
ステファンGP
ステファンGPは、USF1を買収することで合意したようだ。

ステファンGPは、親会社の信用問題などで2010年の参戦に失敗。トヨタとの技術契約も白紙となった。

しかし、ステファンGPのゾラン・ステファノビッチ会長はまだF1参戦を諦めておらず、F1エントリーの獲得を目指し、USF1を買収することで合意に達したという。

ケン・アンダーソン、USF1の参戦撤退を語る

2010年3月4日
USF1 ケン・アンダーソン
USF1のチーム代表ケン・アンダーソンが、2010年に参戦できなくなったことについて口を開いた。

FIAは、2010年のF1エントリーを発表。USF1のエントリーが正式に抹消された。

ケン・アンダーソンは、2009年に起きた政治的な争いとF1分裂騒動がチームの準備を揺さぶったと説明。しかし、最終的な打撃となったのは1月中旬に主要スポンサーが約束を果たせず、資金を得られなかったことだと述べた。

FIA、USF1の参戦中止を正式発表 - ステファンGPのエントリーも非承認

2010年3月4日
FIA USF1の参戦中止を正式発表
FIAは、2010年のF1世界選手権にUSF1が参戦しないことを正式に発表した。また、代わりに他チームにエントリーを与えることはないと述べ、ステファンGPの参戦は事実上不可能となった。

FIAは3日にプレスリリースを発表。USF1が参戦しないことを正式に発表した。

「USF1チームは、2010年FIA F1 世界選手権に参戦できる立場にないを示した。FIAは様々な選択肢を検討し、このような遅い段階で代替チームをチャンピオンシップに参戦させることはできないことを認める」

FIA、USF1の要請を却下へ

2010年3月4日
USF1 解散へ
FIAは、2011年までF1エントリーを凍結させてほしいというUSF1の要請を却下することに決定し、USF1の夢を終焉を迎えたようだ。

ドイツのAuto Motor und Sportは、現在FIAは、ただちにステファンGPに最後の参戦枠を与えられるかどうかを検討していると報じた。

F1の最高権威者であるバーニー・エクレストンは、バーレーンの最終期限が近づいているので、正式な承認プロセスを通すことは「あまり意味のないことだ」と述べた。

ロペスのマネージャー 「すべての元凶はケン・アンダーソン」

2010年3月4日
ケン・アンダーソン
ホセ・マリア・ロペスのマネージャーを務めるフェリペ・マクゴーは、USF1のチーム代表ケン・アンダーソンを非難した。

「すべての元凶はケン・アンダーソンだ」とフェリペ・マクゴーはFOX Sportsの電話インタビューで語った。

「彼らはFIA、FOTA、全F1チーム、彼らが雇った全従業員、“ペチト”ロペス、ミロス・パブロビッチ、このプロジェクトにおいて彼らが契約した他のドライバーを馬鹿にした」

USF1、依然2011年の参戦を目指す

2010年3月3日
USF1チーム代表 ケン・アンダーソン
USF1のチーム代表ケン・アンダーソンは、マシンの作業をストップしたにも関わらず、まだ将来のF1参戦を諦めてはいないと主張する。

USF1は、火曜日に従業員に対して無給休暇を通達したことが明らかになっている。

この動きは、USF1の消滅を意味するものと考えられているが、ケン・アンダーソンは、チームはまだ廃業していないと主張。2011年までエントリーを延期できるかFIAからの返答を待っていると語る。

USF1、営業を停止

2010年3月3日
USF1
USF1は、チームとしての営業を停止したとAUTOSPORTが報じた。

USF1は、シーズン開幕までにマシンを準備することに苦労しており、その将来が疑問視されていた。

情報源によると、チーム職員は彼らがもはや必要ではないことを伝えられたとし、現在の体制で営業を続けることはできなくなったとしている。

USF1、2011年までのF1参戦延期を要請

2010年3月2日
USF1
USF1は、2011年までのF1参戦延期をFIAに要請したようだ。

USF1のチーム代表のケン・アンダーソンとチャド・ハーリーは、2011年からF1参戦する意向を証明するため「7桁の金額」の保証書を提出することを提案したという。

USF1の要請が受け入れられれば、2010年からF1参戦を目指しているステファンGPに参戦の道が開かれるかもしれない。

USF1、ジェームズ・ロシターとも契約していた

2010年3月2日
ジェームズ・ロシター
USF1が、ホセ・マリア・ロペスだけでなく、ジェームズ・ロシターとも契約していたとSPEEDtv.comが報じている。

ジェームズ・ロシターは、ホセ・マリア・ロペスと同じく800万ドルを持ち込むことを約束し、開幕戦までに支払われる予定となっていたという。

しかし、2月初めにロシターのスポンサーがUSF1に対して、F1参戦の準備が順調に進んでおり、十分な資金があることを再確認しようとしたが、USF1はそれを保証することができず、ロシター側は契約を撤回したという。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム