WRC トヨタ ラリー・イタリア
2019年 FIA 世界ラリー選手権(WRC) 第8戦 ラリー・イタリア サルディニアの競技2日目デイ2が6月14日(金)にサルディニア島西北部のアルゲーロを中心に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(ヤリスWRC 8号車)が総合3位に、クリス・ミーク/セブ・マーシャル組(5号車)が総合6位につけた。なお、一時首位に立ったヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(10号車)は、デイリタイアとなった。

本格的なグラベルステージの幕開けとなったデイ2は、サービスパークの東北エリアで4本のステージを各2回走行。ただし、午後2本目のSS7は、タナックを含む3選手が走行した時点でステージがキャンセルとなった。日中、気温は40度程度まで上昇し、路面はドライ。出走順が早いドライバーにとっては、かなり不利なコンディションでの走行となった。

前戦ラリー・ポルトガルと同様、2番手の出走順で金曜日のステージをスタートしたタナックは、SS4でベストタイムを、SS5でセカンドベストタイムを刻むなど、早い出走順の不利を感じさせない力走でステージを重ね、首位と11.2秒差の総合3位で長い1日を走り切った。デイ2のステージの走行経験がないミークは、午前中こそ苦戦を強いられたが、午後のステージではペースを上げ、総合6位で1日を終えた。ラトバラは、オープニングステージから連続で2、3番手タイムを刻み、SS4で首位に立った。しかしSS6で横転により8分程度遅れ、さらにデイ2最終のSS9ではステアリング系の不具合によりコースアウト。残念ながらデイリタイアとなった。チームは明日の再出走に向けて、サービスでクルマの修理作業の準備を進める。

トミ・マキネン(チーム代表)
全体的にはとても力強く1日を戦えたと思います。ヤリ-マティは午前中非常に調子が良く、一時ラリーをリードするほどでした。それだけに、午後のステージで横転したのは本当に残念です。その時点でクルマはまだちゃんと走れる状態だったのですが、その後ステアリング系に何か問題が起こり、最終ステージでコースアウトしてしまいました。一方、オットは前戦に続き早い出走順での不利な戦いを強いられました。さらに、午後のSS7では彼が走った後にステージがキャンセルとなり、結果的に多くのライバルよりも1本多くステージを走ることになってしまいタイヤの摩耗が厳しい状況でしたが、非常に良くやってくれました。明日は出走順が良くなるので、期待しています。クリスは、今日のステージに関しては知識がなく、簡単には行かないだろうと予想していましたが、上手くまとめました。明日はきっと、順位を上げることができるはずです。

オット・タナック (ヤリスWRC 8号車)
困難な1日でしたが、持てる力を全て出し尽くせたと思います。先頭走者のリタイアにより、午後のステージは1番手で出走することになり、さらに難しい状況になりました。問題のないセクションもありましたが、道幅が狭いところでは轍(わだち)がルーズグラベルで埋まり、まったくトラクションがかかりませんでした。また、午後は多くのライバルより1本多くステージを走ることになり、摩耗が進んだタイヤで彼らと渡り合うのは大変でした。とはいえ良いリズムで1日を走れましたし、全てのステージを攻め切りました。明日はきっと激戦になると思いますが、出走順が今日よりも良くなるので、状況が大きく変わることを期待しています。

ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC 10号車)
朝は本当に好調でした。とても気温が高くタイヤの摩耗に関して厳しいコンディションになると考え、ハードタイヤを5本選びましたが、それは正しい選択だったと思います。午後の最初のステージでは、ヘアピンコーナーでハンドブレーキを早く引きすぎ、その結果コーナーのインに深く切り込んでしまい横転しました。本当に愚かなミスでした。横転したクルマを元の状態に戻すために、自分とミーカは相当な力を使いました。幸いにも次のステージでもクルマは調子が良くタイムも良かったのですが、最後のステージのヘアピンコーナーの立上がりでステアリングが左側にロックし、コースアウトしてしまいました。非常に厳しい状況ですが、明日競技に復帰し、再び走れるようになることを楽しみにしています。

クリス・ミーク (ヤリスWRC 5号車)
自分にとって、今日は初めて走るステージばかりでした。そのため朝は少し苦戦しました。また、昼前の時点で気温がかなり上がり、自分が選んだミディアムタイヤには厳しいコンディションでした。きっとベストなタイヤ選択ではなかったと思います。午後は状況が好転し、走りのリズムも良くなりました。クルマはほぼパーフェクトで、全体的にとても満足できる仕上がりでした。明日はこのラリーの伝統的なステージが続き、過去の経験と知識があるので、より良いフィーリングで走れるのではないかと期待しています。少しでも順位を上げられるように、頑張ります。

ラリー・イタリア サルディニア デイ2の結果
1 ダニ・ソルド/カルロス・デル・バリオ (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) 1h36m01.5s
2 テーム・スニネン/マルコ・サルミネン (フォード フィエスタ WRC) +10.8s
3 オット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ (トヨタ ヤリス WRC) +11.2s
4 アンドレアス・ミケルセン/アンダース・ジーガー (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +20.2s
5 エルフィン・エバンス/スコット・マーティン (フォード フィエスタ WRC) +20.3s
6 クリス・ミーク/セブ・マーシャル (トヨタ ヤリス WRC) +29.5s
7 ティエリー・ヌービル/ニコラス・ジルソー (ヒュンダイ i20クーペ WRC) +57.7s
8 エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム (シトロエン C3 WRC) +1m03.5s
9 ユホ・ハンニネン/トミ・トゥオミネン (トヨタ ヤリス WRC) +2m38.0s
10 ピエール-ルイ・ルーべ/ビンセント・ランド (シュコダ ファビア R5) +2m50.3s
TBC ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ (トヨタ ヤリス WRC)

明日のステージ情報
競技3日目となる6月15日(土)のデイ3は、サービスパークの東側エリアで3本のステージを各2回走行する。6本のSSの合計距離は142.42kmと3日間で最も長く、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は627.14kmとなる。

注目のステージ:SS12/15 モンテ・レルノ 全長28.03km
マルティン・ヤルヴェオヤ(ヤリスWRC 8号車 コ・ドライバー)
「モンテ・レルノ」は、おそらくサルディニアでもっとも有名なステージだと思いますし、その中でも「ミッキージャンプ」はこのラリーの名物です。ステージは全体的にとても高速で、流れるようなコーナーが続きますが、非常にテクニカルなセクションもあります。また、連続する長いループの最後を飾るステージですので、タイヤの摩耗コントロールが重要な鍵を握ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トヨタ | WRC (世界ラリー選手権)