トヨタ自動車 ニュルブルクリンク24時間耐久レース
TOYOTA GAZOO Racingは2018年5月12日(土)~13日(日)にドイツで開催される第46回ニュルブルクリンク24時間耐久レースに、LEXUS LCで参戦することを発表した。

ニュル24時間レースは、世界一過酷なコースと言われるドイツ中部のニュルブルクリンクで毎年開催され、第46回となる2018年は、5月12日(土)~13日(日)に決勝レースが行われる。

ニュル24時間レースへの参戦は、TOYOTA GAZOO Racingの目指す「もっといいクルマづくり」の活動の原点として、2007年よりトヨタ社員自らが製作したレース車両で、社員メカニック、エンジニアで構成するチームで参戦を続けており、今年で12年目となる。

2018年は新規車両となるLEXUS LC1台での参戦。トヨタ社員のメカニック、エンジニアの手でレースカーに仕立て、将来のスポーツカーなどの市販車に活かすための技術を先行投入し、「人を鍛え、クルマを鍛える」活動の実践を通じ、「もっといいクルマづくり」を追求する。

ドライバーは、土屋武士選手をリーダーに、若手の松井孝允選手、蒲生尚弥選手、中山雄一選手の4名を起用。もっといいクルマづくりとともに、若手ドライバーを鍛え、チーム一丸となってニュル24時間レースの完走を目指す。

チーム名:TOYOTA GAZOO Racing
車両/クラス:LEXUS LC(予定 : SP-PROクラス)

主な仕様:
エンジン 2UR-GSE改
タイヤ ブリヂストン

ドライバー(予定):
土屋武士(Takeshi Tsuchiya 日本)
松井孝允(Takamitsu Matsui 日本)
蒲生尚弥(Naoya Gamo 日本)
中山雄一(Yuichi Nakayama 日本)

チーフメカニック:関谷利之(Toshiyuki Sekiya) トヨタ自動車社員(凄腕技能養成部)
エンジニア・リーダー:緒方和良(Kazuyoshi Ogata) トヨタ自動車社員(GR開発統括部)

土屋武士
今開発を進めている参戦車両“LEXUS LC”はまだ生まれたばかりで、ようやくよちよち歩きを始めたくらいです。
しっかりと独り立ちできるまで時間はかかりますが、とてもやりがいのあることですし、これが本当に未来のトヨタ自動車のもっといいクルマづくりに繋がっていると考えると、携わることができて幸せです。ドライバー4人の力を合わせてみんなの想いを運んでいきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トヨタ